2012/06/24

New piece… for A.Sax and Pno / 新作

Récemment j'ai fait quelques mises à jour (comme la couleur de fond, biographies, etc) et maintenant il y a une annonce sur la page INFO : le vendredi 29 juin au CNSM de Paris, un concert où une de mes nouvelles pièces va être créée.
C'est une commande par le Duo Azar, pour la formation de saxophone et piano.

Venez nombreux !


###


今週29日、Duo Azar の委嘱作品初演です。詳細は INFO ページをご覧ください。 


何を隠そうこの曲はたいへんな難産で、依頼から着想を得るまでに数ヶ月、着想から実際音を書き始めるまでの準備に数ヶ月、そこからも書いては消し、書き直した分も容赦なく捨て、途中に別の仕事を挟みながらも、かなり長い期間に渡って『両者一歩も譲らないにらめっこ』みたいな状態でした。自分の気持ちが弱っていくのと同期するかのごとくパソコンの浄書プログラムにエラーが頻発したときには、正直敗北の予感を感じましたが、マシン買い替えでスペックとともにモチベーションも上げて乗り切り、第一稿が完成。
そしてその後もリハーサルのたびにあちこち直したり変えたり、もはや何稿めだがわかりません。で、今後も必要とあらばまだまだ手を入れるつもりという…。ここまで粘るのは自分にしてはめずらしいので、いっそ気の済むまで&時間の許す限り食い下がってやろうと思います。 

上述のように、準備期間を充分に取ってしっかりと設計を組んであったので、制作過程で散々苦労したものの、できあがってみると、なんと言うか、いつにもまして“骨太”な曲になりました。
よしよし、これならちょっとやそっと転んでも大丈夫だ。笑

0 件のコメント: