2008/07/22

La Villette 3 〜 Cinéma en plein air 2008




まだ続きますパリ・ヴィレット公園。



7月15日から8月17日の約一ヶ月間に渡って野外シネマ・フェスティバルが開催されております。
(去年までずっと無料の催しだったようですが、今年から入場料として2ユーロ必要になりました)




会場についてみると…あれ、スクリーンは?どこ??
開演は『à la tombée de la nuit 日没時』と書かれているだけで正確な時刻は伝えられておらず、だいたい22時過ぎを目安に行ったのですが、
前方の芝生に広がっていた巨大なビニールプールみたいなのに空気が入り、それがむくむくと起き上がってきて、
あら不思議。即席スクリーンの完成!
正直こんなので大丈夫なのか半信半疑でしたが、ばっちり字幕までクリアです。

近くに滞在していたので、日曜と火曜の2回;E. Lubitsch監督の『Ange 天使』とソフィア・コッポラの『Lost in translation ロスト・イン・トランスレーション』を観ました。『ロスト…』はすでに観たことがあり、でも当時の仏語理解度でスルーしてしまったジョークが掴めたりして楽しかったし、『天使』の方はと言えば、もう素晴らしいの一言に尽きます。こういう品のある映画、最近少ないんじゃないでしょうか?なんでだろう。

みんな思い思いにピクニックシートを広げ、サンドイッチやチーズ、飲物持参で映画館とは一味違う夏の楽しみを満喫。ただ日曜は昼間でも気温が上がらず、日没後…ものすごく寒くて、厚着して行ったにもかかわらず上演開始時にはすでに震えるほど(苦笑)。折り畳みチェアと毛布のレンタルが大人気でした。



***Data***

Cinéma en plein air 2008 公式サイト(仏語)

0 件のコメント: