2008/05/31

Cue! 〜アシスタント日記・その2


2008/05/31 17h00-
Studio Wilsdorf (Genève, Suisse)


Diplôme de Composition
Orchestre du CMG
Benoît Willemann, direction


Francisco Edouardo Huguet Mendez 62 pour chef, clarinette basse, ensemble et électronique en temps réel
Aram Hovhannisyan Cahier de tristesse II deux fragments orchestraux
Victor Cordero Charles Emergences pour clarinette, percussion et orchestre



ディプロム試験演奏会で再び suivi électronique (5月23日の記事参照)を担当。

1曲目の『62』は、赤と青の手袋をはめた指揮者の手の動きをセンサーが感知して電子音響に影響を与える、というとてもユニークなライブエレクトロニクスが使われていました。Fランシスコはもともと理系で情報工学のような方面に非常に強く、この色識別センサー+動作を音楽に反映させるシステムそのものをほぼ自分ひとりで作ってしまったのだからすごい。
今回の仕事を頼まれたとき、ぱっと楽譜を見た感じそれほど難しそうではなかったのでリハーサル日程の確認だけして『いいよー』と返事をしたのですが、ただ、ひとつ忘れていたことが…
彼は実にマイペースでギリギリの人。
2週間前にパート譜作りも手伝いましたが、それも本当に提出期限ギリギリだったのです。

1回目のリハ(本番2日前)に行ったら『ごめん、ユミコにやってもらうイベントキューのタイミング、まだ楽譜に全部書き込んでないんだ…』
2回目のリハ(本番1日前)に行ったら『ごめん、まだプログラミングで迷ってるところあって…』
3回目のリハ=ゲネプロ(本番当日)に行ったら『ごめん、やっぱりここに新しいイベント足していい?』
ダメーーー!!

いろんな意味でハラハラしましたが、これだけの大規模なシステムが事故なくすべてうまく作動し、演奏にもよい意味での緊張感がありソロクラリネット奏者、そして指揮者の弾けっぷり(笑)は素晴らしかったです。



それにしても、オーケストラとエレクトロニクスを同時に扱うって本当に本当に大変な大仕事!と身を以て体験。
先日のMA入試で提出した自分の修士課程修了作品のプロジェクト、『見直したほうがいいかも…』などと早くも考えてしまったのでした。

0 件のコメント: