2016/12/03

Hello ! / Bonjour ! / こんにちは


HOME  Here / Ici / このページを表示
BIO  Biography / Biographie / Biographía / 略歴 
WORKS  List of works / Liste des oeuvres / 作品リスト
AUDIO・VIDEO  Listen to audio clips / Écouter en ligne / オンライン試聴
INFO  Concert Info / Info pour concert / コンサート情報
LINKS  Web links / Liens internet / リンク
CONTACT  Write me? / M'écrire? / 連絡先


Latest updates / Dernières mise à jour / 最近の更新
2016/12/01 :  Updated News, Info
2016/12/01 :  Info Concert 07/12/2016 @Baku Up
2016/11/30 : ちょっと雑談〜ワーキングマザー編〜 Up
2016/09/01 : CD Box "Exploring the World" by Ensemble Reconsil Up 
2016/08/31 : Reprise / 復帰 Up 
2016/08/31 : Updated News, Blog design
2015/06/21 : Updated News
・2015/06/15 : Updated WORKS Page (Added four new pieces)
・2015/03/15 : Info Concert 22/03/2015 @Caen Up 
2015/03/15 : Updated INFO Pages
・2015/02/14 : Création / 初演 Entre terre et mer, entre ciel et vent Up 






This article is always shown in top page / Cet article est toujours affiché à la première page / この記事は常にトップ ページに表示されます

2016/12/01

Info Concert 07/12/2016 @Baku

J’ai le plaisir de vous annoncer, « No where, but now here », l'oeuvre créée dans le cadre du projet “Exploring the World” de l’Ensemble Reconsil sera reprise là, sous la baguette de Roland Freisitzer.


###

アンサンブル・レコンシル企画 “Exploring the World” にて初演されCDになったアンサンブル作品 « No where, but now here » がアゼルバイジャン・ステイト・シンフォニーオーケストラ団員によって再演されます。
(指揮者のローランドからアゼルバイジャンで君の曲もう一度演奏するよと連絡をもらったとき…無知でお恥ずかしいのですが『バクー???』と一体どこだか見当もつかず、即ググりました…)
残念ながら立会えませんが、もしお近くにお住いの方・旅行でアゼルバイジャンを訪問される方がいらっしゃいましたら是非。

2016/11/30

ちょっと雑談〜ワーキングマザー編〜

出産・産休・夏のバカンスを終えて仕事に復帰して3ヶ月。最近、音楽家の知人友人たちにも出産ブームが来ているようなので、「うちはこんな感じでした」と報告がてら、振り返って書いてみます(箇条書き、オチもまとめもないです)。


・パリ市内どこでもというわけではないらしいが、とりあえずうちの区は保育園入れる確率が宝クジ並。でもフランスは女性就業率が確か8割とかで非常に高く、みんな育休もほとんど取らず2ヶ月半で仕事に戻るので、保育ママ(資格持った人が自宅で2~3人の子どもを預かる)やベビーシッターなど、選択肢は広い。「こんなに小さい子を預けて働くなんて」といった非難や母親側の罪悪感みたいなものは無きに等しい。

・社会保障もそれなりにあって、保育ママ・ベビーシッターの場合も公立保育園とほぼ同じ負担額で利用出来る←という建前だが、手続き書類が煩雑で時間がかかるため、結局いまのところ全額負担して返金待ち…

・今年度はピアノの生徒が増えて勤務時間が長くなったものの、なんとか両立できている。でも通勤の徒歩の部分が常に速歩きもしくは全力ダッシュ。5分前行動・遅刻しない先生としての評判をキープしているものの、移動中のんびり歩いていることがほとんど無くなった。

・家での仕事となると、深夜早朝か、子供がお昼寝した隙に15分だけ、とかものすごく頑張らないと今までのように集中して作業する時間が確保できない。(在宅での活動をされてる全てのお母さんたち、ホント尊敬します…!)

・一日中家にはいられない分、子供と一緒に過ごす時間がより濃密になる。面倒を見なきゃ、というよりむしろこちらから構い倒すくらいの感じ。

2016/09/01

CD Box “Exploring the World” by Ensemble Reconsil

Fin de l’année 2015, l’intégral du projet “Exploring the World” de l’Ensemble Reconsil est sorti. Il s’agit d’un coffret de 14CDs, comprenant ma pièce « No where, but now here » dans le cd “Exploring Japan”. 
Disponible sur le site de l’orlando records (ici vous pouvez également écouter un extrait de l’oeuvre en ligne) : 
ou alors sur l’iTunes :


###


2015年の暮れにアンサンブル・レコンシル企画 “Exploring the World” の14枚組ボックスCDがオーランドレコードより発売になりました。14枚組ってどんなボリュームかと思いきや、コンパクトかつセンスの良いデザイン(内容はやはりすごいボリュームですが)。収録されているのは2011年から2012年にかけて作曲したアンサンブル作品 « No where, but now here » のライブ録音で、同じ日本人作曲家として田中カレン、藤倉大という大御所の作品と並んでおります。
購入・試聴はオーランドレコードのサイト; 
または iTunes でも可能です;

仕事の合間を縫って極寒のウィーンとんぼ返りして、案の定その週末に風邪で熱を出した記憶がありますが、限られたリハにも関わらず素晴らしい演奏でした。企画自体もオリジナリティがあって、もし近くに住んでたら自分以外のコンサートも是非聴きに通いたかったです。

久々に訪れたウィーン、『そういえばここは見た』『あれも覚えがある』等と懐かしい気持ちが多少湧いたものの、前回とはかなり違って見えました。でもさすがに15年前と比べて自分が外国慣れしたのか、街を歩いていてたいして緊張もしませんでしたが。

実は留学先候補地のひとつでもあったので(ジュネーヴの師匠がウィーンでも教えており、どっち行っても良かったのですが、受験当時すでにパリに3年住んでいたため、当然フランス語圏のジュネーヴに軍配)ここに住んでた可能性もあったんだよなぁ、なんて思いつつ、オフの時間を楽しめました。

2016/08/31

Reprise / 復帰

Après plus d’un an de silence… un grand merci à ceux qui ont fait des petites visites régulières sur ce blog malgré mon absence, et à ceux qui m’ont soutenue pendant cette période qui était en fait mon congé maternité. Tout s’est bien passé en générale, et voilà je suis devenue maman d’une petite :)
Maintenant je vais donc reprendre mes activités professionnelles, pleine d’énergie, impatiente pour des nouveaux projets ! 

###

1年以上更新がなく、それでも定期的にこのブログを覗いてくださった方々、連絡くださった方々、ご心配おかけしました。昨夏より音楽活動をセーブし、春に娘を出産しました m(_ _ )m
お休みを戴いてた理由が音楽活動とは関係のないプライベートだから…と思ってたけど、もともとこのブログってお料理レシピとか海外生活の笑える体験とか旅行記とか載せてたのですよ。それを今更ねぇ、というわけで遅ればせながらご報告です。
振り返ってみればわりと順調な妊娠出産だったけれど、それなりにいろいろありました。特に去年の今頃はつわりが酷くてほぼ寝たきりで、ありとあらゆる体調不良→検査に引っ掛かる→再検査→予約や移動、検査そのもので疲労・ストレス→体調不良…の無限ループ。フランスでは検査ひとつ受けるにしても、医者にかかって処方箋を書いてもらい、それを持ってラボへ行き検査を受け、その結果を持ってまた医者にかかるという面倒な(殊に具合が悪いときには辛い)システムで、血液検査など一般的なものは近所で受けられますが、少し専門的なものになるとその専門のラボを探して予約してetc.の一切を自分でやらなければならず、起きあがれるわずかな時間にネットで調べて電話かけて、ふらつく頭で外出してました。(ただ、このシステムには『セカンドオピニオンが求めやすい』という良い点も。かかりつけ以外にも様々な専門医・技師にかかることで、自分の状況を客観的に見ることができると思います。)
ともあれ妊娠4~5ヶ月頃には回復して、体調にも胎教にも良さそうだから教員の仕事だけはギリギリまで続けよう!といつもどおりに動き回っていたら、産休目前で風邪をひき早産になりかけ(冷汗)、慌てて安静にしたら今度は一向に生まれてくる気配がなく、結局フランス式の予定日当日(日本の数え方だと一週遅れ)で誕生、となりました。いま生後5ヶ月ほど経って、体重は出生時のほぼ倍に。毎日見てるとそんなにいきなり大きくなったように感じないけど、5ヶ月で体重が倍ってすごいよなぁ…。

9月より、学校の新年度と合わせて音楽活動も徐々に再開します。まずはピアノの小品集、それから眠ってたアレとか、前から考えてたコレとか、楽しみです。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。