2013/09/23

act V, Yumiko Yokoi by the Duo Azar (excerpt)


actV by Yumiko Yokoi — Duo Azar (French premiere on March 1st, 2014 in Paris) 


Here, the video clip (excerpt) of the act V (World premiere in Peru, February 2013) for alto saxophone and piano, performed by Duo Azar.
Waiting of the full version… on March 1st in Paris!


###


Voici une bande annonce de act V (création mondiale au Pérou en février 2013) pour saxophone alto et piano, interprété par Duo Azar.
Le saxophoniste du Duo Azar, Carl-Emmanuel Fisbach est le soliste de Voiceless Letters (2010, version concerto) avec qui je travaille souvent depuis 2009.
La création française de act V est prévue à Paris en mars 2014.


### 

今年2月にペルー・リマで初演された act シリーズ第5弾『アルトサックスとピアノのための“act V”』の抜粋がYoutubeにアップされました。演奏は委嘱者である DuoAzar(デュオ・アザール)です。
フルバージョンは12分強。フランス初演が2014年3月にパリで予定されています。 

このビデオクリップは母校であるパリ国立高等音楽院で撮影されました。当然私は場所(どのホールか)を知っているのですが、こうして仕上がりを見るとまるで別世界。
作品自体は、act シリーズの流れを汲みつつ、新しいことへの挑戦もあって、奏者2名の室内楽曲にしては骨太な作りになっています。 

サックス奏者のカール=エマニュエル・フィズバックとは、2009年 IRCAM 研究員時代に出会い、サキソフォン協奏曲『Voiceless Letters』の初演者としてフランス、スイス、アイルランド…など、各地で共演。今回の創作過程でも、有意義なアドバイスとディスカッションが満載でした。
ついさっきも彼と電話で話していて、「テナーサックス(Voiceless Letters)とアルトサックス(act V)書いたから、次はバリトンかソプラノかな」なんて冗談(サックスコンプリート?)が出ましたが、
次は YProject のための新作!歌とピアノです。

0 件のコメント: