2012/11/27

Supporting our new project: DANCE! - Grup Mixtour




Verkami is a crowd funding platform that puts together interesting projects, creators with innovative ideas and patrons willing to make them come true.


Sorry for the description only in Spanish and Catalan language. For further informations, don't hesitate to contact me: I'll translate it in English, French, and Japanese.


###


ジュネーヴでのKugler アーティスト・イン・レジデンス、おかげさまで10日と23日、どちらの演奏会も大成功でした。ありがとうございました!

じっくり振り返りたいところですが、ちょっと次の仕事が立て込んでおりまして(スタートダッシュからラストスパートまで減速する余裕なく全力疾走の予感に戦々恐々…)
とりいそぎ別件のお知らせをひとつ。

作曲家兼サウンドエンジニアとして参加している Grup Mixtour が、来月9日にスペイン・ヴァレンシアでスタートする新企画『DANCE!』のサポート会員を募集中です。詳しくは上記のクラウドファンディングサイト Verkami に載っていますが、ごく一部を除いてスペイン語/カタルーニャ語表記の二択しかないことに先程気づきまして…(スペイン語はともかく、このブログを日本語で読んでくださっている方のなかにカタルーニャ語話者が果たして存在するのだろうか?)
直接私にご連絡いただければ英・仏・日本語で対応します。


あと数日で師走!


2012/11/21

Création "Le Pied de Fumiko" / 富美子の足

A la fonderie, nous sommes en pleine répétition avec l'ensemble Matka et les artistes résidents du Kugler!



Mon projet avec la danse et la projection-vidéo est basé sur le roman de Jun-ichiro Tanizaki : «Le Pied de Fumiko» publié en 1919. 


     Un vieil homme à la retraite Tsukagoshi prend une très jeune geisha Fumiko comme sa concubine. Elle a un corps parfait,  mais surtout les pieds divins. Un jour, Tsukagoshi commande à l'étudiant en beaux-arts Unokichi de faire un dessin de Fumiko, en prenant comme modèle une peinture d'ukiyo-e (= estampe) signée par Kunisada, l'un des peintres les plus populaires du XIXe siècle. En cours du travail, Tsukagoshi finit par avouer pour la première fois dans sa vie son fétichisme du pied. Quant à Unokichi, en peignant il suscite des souvenir de son enfance qu'il était toujours attiré par les pieds de femmes sans savoir pourquoi…


A vrai dire, avant de commencer à composer la pièce je ne connaissais pas grand chose chez lui (de plus, je croyais que je ne l'aimerais jamais ce genre comme roman sensuel, sans connaitre bien les chefs d'oeuvre…) Du coup c'était une belle occasion de le découvrir et cela a fini par m'impressionné.
Je cite une phrase qui m'a profondément marquée dans le roman:


     On trouvait là, à la fois, souplesse et raideur, tension et délicatesse, mouvement et faiblesse.

  

D'ailleurs, cette fois-ci l'équipe est composé entièrement de filles : danseuse, vidéaste, chef d'orchestre, violoniste, altiste, violoncelliste, contrebassiste, harpiste et percussionniste… et compositrice!


###


「柔軟」と共に「強直」があり、「緊張」の内に「繊細」があり、「運動」の裏に「優弱」があるのです。





Kugler アーティスト・イン・レジデンス、リハーサルも佳境に入って参りました。

タイトルにあるとおり、谷崎潤一郎の『富美子の足』が企画のベース。有名どころの『陰影礼賛』や『春琴抄』『痴人の愛』などをすっ飛ばし、あえて初期に書かれた短編小説。
正直言うと、この企画の話が出るまで谷崎作品にはあまり触れたことがなく、興味もなく、むしろ敬遠気味なくらいでした。フェティシズム、マゾヒズム、私生活でも細君譲渡事件だとか話題に事欠かない…これはどう考えても自分の趣味じゃないだろう、と。
でも、最初は「えー」とか「うー」とか唸りつつも、読み込んでゆくに従って、危うげなバランスの上に成り立つ美しい世界とか、執拗なまでの描写・執着の裏に見え隠れする純粋さみたいなものが感じられて、そういうものを音楽に織り込みたいと強く思うようになりました。足フェチ上等です。
そして文章がとにかく美しい。手紙形式でさらさらと流れて行くと思いきや、少しずつ絡めとられて気がついたらどっぷり深みにはまり込んでもう抜け出せない、そんな作品展開も音楽に生かそうと試みています。


意図したわけではなくただの偶然なのですが、今回、指揮者・演奏者・舞踏・映像・作曲と全員が女性のみで構成されたチーム。どちらを向いても美人揃いで、会場が潤います。笑

2012/11/17

Info Concert 23/11/2012 @Genève

Par la suite du concert "électroacoustique et mixte" au samedi 10 novembre, voici le deuxième concert de l'Ensemble Matka à la Fonderie Kugler
A cette occasion je vous présente une nouvelle pièce (commande de Matka) pour ensemble et danse: c'est un projet réalisé grâce à une collaboration avec les artistes résidents du Kugler.
J'espère pouvoir uploader des photos, et parler un peu plus en détail du projet pendant les répétitions qui auront lieu cette semaine à la Fonderie.  

Au plaisir de vous retrouver au concert !



Vendredi 23 novembre, 21h : Concert créations 
Ce concert met en avant de jeunes compositeurs, Kevin Juillerat et Yumiko Yokoi et l’interaction entre différentes disciplines : la vidéo avec Joanna Szpak et Yann Le Floc’h ainsi que la danse avec Miyuki Warabiuchi. 


###


先日参加したアンサンブル Matka のエレクトロニクス作品展、悪天候にも関わらずたくさんのお客さんに集まっていただき好評でした。いや、本当にありえないくらいの大雨でどうしようかと…ご来場くださった方々、ありがとうございました。

さて、同じく Kugler アーティスト・イン・レジデンスの一環で行われるコンサート第二弾。23日金曜の21時より、Matka の委嘱で作曲した新作『アンサンブルと舞踏のための“富美子の足”』を発表します。
フランスでも多数翻訳され、親しまれている谷崎潤一郎の小説がソース。陰影礼賛なんかに比べると知名度が低いと思っていたのですが、数年前に『BUNGO -日本文学シネマ- 』で映像化されてDVDが出てるし、そうでもないのかな?
さらに今回はダンス&映像パフォーマンスとのコラボレーション企画で、とにかく初挑戦が満載。ドキドキ・ハラハラ・ワクワクの連続です。ジュネーヴ周辺にお住まい方は、ぜひこのスリルを一緒に体験しに来てください。笑

2012/11/08

Info Concert 10/11/2012 @Genève

A l'occasion de la résidence de l'Ensemble Matka à la Fonderie Kugler (Genève, Suisse),  le saxophoniste Kevin Juillerat va rejouer une de mes oeuvres « Cadenza from Voiceless Letters » composé en 2010. Je serai là ce week-end pour m'occuper de la partie d'électro en temps réel. 
Au plaisir de vous retrouver au concert !





Samedi 10 novembre, 21h : Concert électroacoustique et mixte 
Ce concert propose de faire découvrir la musique avec l’intervention de la technologie électronique. La musique uniquement électroacoustique avec des recherches d’alliance de timbres et de spatialisation du son et la musique mixte qui mélange la technologie et les instrumentistes. 

Suite à des projets pédagogiques durant la semaine précédant le concert, les compositeurs de Matka, Joshua Bucchi et Adam Maor, vont créer des pièces électroacoustiques. Seront aussi interprétées la musique acousmatique de Daniel Zea ainsi que les pièces mixtes de Yumiko Yokoi et de Gérard Grisey. 


###


ジュネーヴ音楽院留学時代の仲間を中心に結成されたスイスのアンサンブル Matka がアーティスト・イン・レジデンスとして Usine Kugler に1ヶ月滞在。期間中、3つのコンサートが企画されており、うち2つに出演します。

まずは今週の土曜、21時より、エレクトロニクスを用いた作品によるプログラム。2010年に作曲したテナーサックスとライブ・エレクトロニクスのための協奏曲『Voiceless Letters』のソロ・バージョンの再演です。
特に推してるわけでも、自作の中でいちばん気に入ってるわけでもないのに、なぜが度々演奏の機会を戴くこの曲。恐らく再演回数トップ。ライブエレクトロがわりと複雑で、機材とか人手とか結構いろいろ面倒なんですが、なぜだろう…(いや、逆に好きじゃないってわけでもないし、それなりに思い入れもあります。誤解を招くとアレなので、一応)

今年4月にイギリスのシンポジウムに招待された際は、2010年初演者のC.-E.フィズバック君にサックスパートを吹いてもらいましたが、今回はローザンヌ在住で作曲家としても活躍している Kevin Juillerat が演奏してくれます。私もエレクトロ・パートの担当で、とんぼ返りですが2年振りにジュネーヴへ。楽しみ!

2012/11/07

正しいバカンスの過ごし方

( Sorry, today only in Japanese / Désolée, seulement en japonais aujourd'hui )


10月末から2週間、フランスは諸聖人の日(もしくは万聖節)の祝日を挟んだ秋のバカンス。とは言え、夏やクリスマスとは違い、休みになるのは子供たちだけ。大人は普通に仕事です。
長かった学生生活を終えて早2年、もう自分には関係ないのね、などと思っていたものの

     子供が授業やレッスンに来ない=教える側も休み

というわけで、気づけば外での仕事がまるごとなくなり、ひさびさに家でゆっくり。実は未だに先月ひいた風邪を引き摺っていたのですが、以前ブログにちらっと書いた7日間玄米菜食プログラムを実行しつつ外出を極力控えて、やっと空咳が止まりました。食事の影響って大きいなぁ、と今回もまた改めてその効果に驚きつつ、でもきっとそれだけじゃなく時間的余裕とか気になってた用事を片付けるとか、気の持ち様なんかも関わっているのだと思います。…だって、ものすごく寝てたし。最長で12時間睡眠とか(朝10時起床、2時間昼寝、夜12時就寝)もういい大人なのにホントすみません……。


そんなわけで、人混みを避けて家で過ごしていた間、これでもかというほど書類作りをしていました。作曲家の仕事って、実は音楽を作るのと同じくらい(下手するとそれ以上に)メールや書類に時間がかかっているような気がする。ま、基本自営業だから、企画・営業・制作・広報・経理まですべて一人で賄っているようなもので、当然と言えば当然か。


何はともあれ体調は万全、溜まっていた事務仕事の山も多少は標高が下がった所で、今月は演奏会の予定が二件。どちらもスイス、3年間留学していた古巣のジュネーヴです。詳細は次の記事で。