2012/12/31

Fin 2012 / オケ新作で年越し

Thanks a lot to everyone for the 2012, and I wish you a happy holiday !


###


Merci beaucoup à toutes et à tous pour 2012!
Actuellement je suis en plein travail: une nouvelle pièce pour grand orchestre qui sera créée en avril 2013 (du coup mes vacances de Noël sans fête, ouf!) mais sinon je vais bien.

Je vous souhaite de bonnes fêtes de fin d'année :)


###


ご報告遅くなりましてすみません(平謝り)クラウドファンディングサイト Verkami による Grup Mixtour の新企画サポート、おかげさまで目標額を達成し、無事に第1回目の公演を終えることができました。ありがとうございました!




さて、12月22日付けで年度内の授業・レッスンを全て終えるや否や引き蘢って新作の制作活動に入りました。『締切ギリギリの修羅場』も数をこなすにつれて危機感が薄れてくる(焦っても何も変わらないことが過去の経験によりわかっている)ものですが、それにしても今回の進捗状況はかなり深刻で、6段階の警戒レベルだとフェーズ5。よってクリスマスも大晦日もお構いなくひたすら作曲。
学校・役所関係がみーんなバカンスのため、メールや電話に中断されることなく作業に集中でき、ある意味穏やかな修羅場です。笑 

写真は、オーケストラのスコア用に2枚つないで貼り合わせた五線紙。1枚では段数が足りず、うちのプリンターで自作できるA4サイズでは書くにも読むにも小さすぎ、という。ちなみにPCのディスプレイでも、木管/金管/打・ハープ・ピアノ/弦の各パートごとにスクロールしつつ作業しています。


それでは、もうひと頑張りしてきます。
みなさま、よいお年を!




【おまけ】2012年の3大サプライズ(世界情勢一切関係なく、自分メモ)
・古楽器ヴィオラ・ダ・ガンバ Viola da gamba の語源が『Viola da braccio=腕で持つヴィオラ、つまりヴァイオリン』に対して使われていた名称『脚のヴィオラ』だと知った。そうか、ガンバ、脚か!(仏語では jambe)
・書類不備やら役所の職務怠慢やらで、実は半年近く社会保険に加入できていなかった事実が発覚(そして、新たに正式な書類を発行してもらうまでにさらに半年かかった)
・家族が突然、ホノルルでフルマラソン出場

2012/11/27

Supporting our new project: DANCE! - Grup Mixtour




Verkami is a crowd funding platform that puts together interesting projects, creators with innovative ideas and patrons willing to make them come true.


Sorry for the description only in Spanish and Catalan language. For further informations, don't hesitate to contact me: I'll translate it in English, French, and Japanese.


###


ジュネーヴでのKugler アーティスト・イン・レジデンス、おかげさまで10日と23日、どちらの演奏会も大成功でした。ありがとうございました!

じっくり振り返りたいところですが、ちょっと次の仕事が立て込んでおりまして(スタートダッシュからラストスパートまで減速する余裕なく全力疾走の予感に戦々恐々…)
とりいそぎ別件のお知らせをひとつ。

作曲家兼サウンドエンジニアとして参加している Grup Mixtour が、来月9日にスペイン・ヴァレンシアでスタートする新企画『DANCE!』のサポート会員を募集中です。詳しくは上記のクラウドファンディングサイト Verkami に載っていますが、ごく一部を除いてスペイン語/カタルーニャ語表記の二択しかないことに先程気づきまして…(スペイン語はともかく、このブログを日本語で読んでくださっている方のなかにカタルーニャ語話者が果たして存在するのだろうか?)
直接私にご連絡いただければ英・仏・日本語で対応します。


あと数日で師走!


2012/11/21

Création "Le Pied de Fumiko" / 富美子の足

A la fonderie, nous sommes en pleine répétition avec l'ensemble Matka et les artistes résidents du Kugler!



Mon projet avec la danse et la projection-vidéo est basé sur le roman de Jun-ichiro Tanizaki : «Le Pied de Fumiko» publié en 1919. 


     Un vieil homme à la retraite Tsukagoshi prend une très jeune geisha Fumiko comme sa concubine. Elle a un corps parfait,  mais surtout les pieds divins. Un jour, Tsukagoshi commande à l'étudiant en beaux-arts Unokichi de faire un dessin de Fumiko, en prenant comme modèle une peinture d'ukiyo-e (= estampe) signée par Kunisada, l'un des peintres les plus populaires du XIXe siècle. En cours du travail, Tsukagoshi finit par avouer pour la première fois dans sa vie son fétichisme du pied. Quant à Unokichi, en peignant il suscite des souvenir de son enfance qu'il était toujours attiré par les pieds de femmes sans savoir pourquoi…


A vrai dire, avant de commencer à composer la pièce je ne connaissais pas grand chose chez lui (de plus, je croyais que je ne l'aimerais jamais ce genre comme roman sensuel, sans connaitre bien les chefs d'oeuvre…) Du coup c'était une belle occasion de le découvrir et cela a fini par m'impressionné.
Je cite une phrase qui m'a profondément marquée dans le roman:


     On trouvait là, à la fois, souplesse et raideur, tension et délicatesse, mouvement et faiblesse.

  

D'ailleurs, cette fois-ci l'équipe est composé entièrement de filles : danseuse, vidéaste, chef d'orchestre, violoniste, altiste, violoncelliste, contrebassiste, harpiste et percussionniste… et compositrice!


###


「柔軟」と共に「強直」があり、「緊張」の内に「繊細」があり、「運動」の裏に「優弱」があるのです。





Kugler アーティスト・イン・レジデンス、リハーサルも佳境に入って参りました。

タイトルにあるとおり、谷崎潤一郎の『富美子の足』が企画のベース。有名どころの『陰影礼賛』や『春琴抄』『痴人の愛』などをすっ飛ばし、あえて初期に書かれた短編小説。
正直言うと、この企画の話が出るまで谷崎作品にはあまり触れたことがなく、興味もなく、むしろ敬遠気味なくらいでした。フェティシズム、マゾヒズム、私生活でも細君譲渡事件だとか話題に事欠かない…これはどう考えても自分の趣味じゃないだろう、と。
でも、最初は「えー」とか「うー」とか唸りつつも、読み込んでゆくに従って、危うげなバランスの上に成り立つ美しい世界とか、執拗なまでの描写・執着の裏に見え隠れする純粋さみたいなものが感じられて、そういうものを音楽に織り込みたいと強く思うようになりました。足フェチ上等です。
そして文章がとにかく美しい。手紙形式でさらさらと流れて行くと思いきや、少しずつ絡めとられて気がついたらどっぷり深みにはまり込んでもう抜け出せない、そんな作品展開も音楽に生かそうと試みています。


意図したわけではなくただの偶然なのですが、今回、指揮者・演奏者・舞踏・映像・作曲と全員が女性のみで構成されたチーム。どちらを向いても美人揃いで、会場が潤います。笑

2012/11/17

Info Concert 23/11/2012 @Genève

Par la suite du concert "électroacoustique et mixte" au samedi 10 novembre, voici le deuxième concert de l'Ensemble Matka à la Fonderie Kugler
A cette occasion je vous présente une nouvelle pièce (commande de Matka) pour ensemble et danse: c'est un projet réalisé grâce à une collaboration avec les artistes résidents du Kugler.
J'espère pouvoir uploader des photos, et parler un peu plus en détail du projet pendant les répétitions qui auront lieu cette semaine à la Fonderie.  

Au plaisir de vous retrouver au concert !



Vendredi 23 novembre, 21h : Concert créations 
Ce concert met en avant de jeunes compositeurs, Kevin Juillerat et Yumiko Yokoi et l’interaction entre différentes disciplines : la vidéo avec Joanna Szpak et Yann Le Floc’h ainsi que la danse avec Miyuki Warabiuchi. 


###


先日参加したアンサンブル Matka のエレクトロニクス作品展、悪天候にも関わらずたくさんのお客さんに集まっていただき好評でした。いや、本当にありえないくらいの大雨でどうしようかと…ご来場くださった方々、ありがとうございました。

さて、同じく Kugler アーティスト・イン・レジデンスの一環で行われるコンサート第二弾。23日金曜の21時より、Matka の委嘱で作曲した新作『アンサンブルと舞踏のための“富美子の足”』を発表します。
フランスでも多数翻訳され、親しまれている谷崎潤一郎の小説がソース。陰影礼賛なんかに比べると知名度が低いと思っていたのですが、数年前に『BUNGO -日本文学シネマ- 』で映像化されてDVDが出てるし、そうでもないのかな?
さらに今回はダンス&映像パフォーマンスとのコラボレーション企画で、とにかく初挑戦が満載。ドキドキ・ハラハラ・ワクワクの連続です。ジュネーヴ周辺にお住まい方は、ぜひこのスリルを一緒に体験しに来てください。笑

2012/11/08

Info Concert 10/11/2012 @Genève

A l'occasion de la résidence de l'Ensemble Matka à la Fonderie Kugler (Genève, Suisse),  le saxophoniste Kevin Juillerat va rejouer une de mes oeuvres « Cadenza from Voiceless Letters » composé en 2010. Je serai là ce week-end pour m'occuper de la partie d'électro en temps réel. 
Au plaisir de vous retrouver au concert !





Samedi 10 novembre, 21h : Concert électroacoustique et mixte 
Ce concert propose de faire découvrir la musique avec l’intervention de la technologie électronique. La musique uniquement électroacoustique avec des recherches d’alliance de timbres et de spatialisation du son et la musique mixte qui mélange la technologie et les instrumentistes. 

Suite à des projets pédagogiques durant la semaine précédant le concert, les compositeurs de Matka, Joshua Bucchi et Adam Maor, vont créer des pièces électroacoustiques. Seront aussi interprétées la musique acousmatique de Daniel Zea ainsi que les pièces mixtes de Yumiko Yokoi et de Gérard Grisey. 


###


ジュネーヴ音楽院留学時代の仲間を中心に結成されたスイスのアンサンブル Matka がアーティスト・イン・レジデンスとして Usine Kugler に1ヶ月滞在。期間中、3つのコンサートが企画されており、うち2つに出演します。

まずは今週の土曜、21時より、エレクトロニクスを用いた作品によるプログラム。2010年に作曲したテナーサックスとライブ・エレクトロニクスのための協奏曲『Voiceless Letters』のソロ・バージョンの再演です。
特に推してるわけでも、自作の中でいちばん気に入ってるわけでもないのに、なぜが度々演奏の機会を戴くこの曲。恐らく再演回数トップ。ライブエレクトロがわりと複雑で、機材とか人手とか結構いろいろ面倒なんですが、なぜだろう…(いや、逆に好きじゃないってわけでもないし、それなりに思い入れもあります。誤解を招くとアレなので、一応)

今年4月にイギリスのシンポジウムに招待された際は、2010年初演者のC.-E.フィズバック君にサックスパートを吹いてもらいましたが、今回はローザンヌ在住で作曲家としても活躍している Kevin Juillerat が演奏してくれます。私もエレクトロ・パートの担当で、とんぼ返りですが2年振りにジュネーヴへ。楽しみ!

2012/11/07

正しいバカンスの過ごし方

( Sorry, today only in Japanese / Désolée, seulement en japonais aujourd'hui )


10月末から2週間、フランスは諸聖人の日(もしくは万聖節)の祝日を挟んだ秋のバカンス。とは言え、夏やクリスマスとは違い、休みになるのは子供たちだけ。大人は普通に仕事です。
長かった学生生活を終えて早2年、もう自分には関係ないのね、などと思っていたものの

     子供が授業やレッスンに来ない=教える側も休み

というわけで、気づけば外での仕事がまるごとなくなり、ひさびさに家でゆっくり。実は未だに先月ひいた風邪を引き摺っていたのですが、以前ブログにちらっと書いた7日間玄米菜食プログラムを実行しつつ外出を極力控えて、やっと空咳が止まりました。食事の影響って大きいなぁ、と今回もまた改めてその効果に驚きつつ、でもきっとそれだけじゃなく時間的余裕とか気になってた用事を片付けるとか、気の持ち様なんかも関わっているのだと思います。…だって、ものすごく寝てたし。最長で12時間睡眠とか(朝10時起床、2時間昼寝、夜12時就寝)もういい大人なのにホントすみません……。


そんなわけで、人混みを避けて家で過ごしていた間、これでもかというほど書類作りをしていました。作曲家の仕事って、実は音楽を作るのと同じくらい(下手するとそれ以上に)メールや書類に時間がかかっているような気がする。ま、基本自営業だから、企画・営業・制作・広報・経理まですべて一人で賄っているようなもので、当然と言えば当然か。


何はともあれ体調は万全、溜まっていた事務仕事の山も多少は標高が下がった所で、今月は演奏会の予定が二件。どちらもスイス、3年間留学していた古巣のジュネーヴです。詳細は次の記事で。

2012/10/24

Biografía (en español)


@Geneva


Después de haber terminado sus estudios en la Universidad de Música de Kunitachi (Tokyo), se instala en Europa para continuar su formación primeramente en el Conservatoire Supérieur National de Musique et Danse de Paris donde se diploma en Escritura y obtiene un premio de orquestación en la clase de Marc-André Dalbavie. Al mismo tiempo sigue los consejos de Allain Gaussin y más tarde completa su formación con un Máster en composición mixta en la Haute École de Musique de Genève con Michael Jarrell, Luis Naón y Eric Daubresse, además de dirección de orquesta con Laurent Gay. Sigue igualmente el cursus del IRCAM en 2009-10.

Participa en el Centro Acanthes, en las Jornadas Contrechamps, en la sesión Voix Nouvelles de la Fundación Royaumont y es invitada a numerosos festivales como Música (Estrasburgo), Archipel (Ginebra), INTER/actions (Bangor University, Reino Unido), Takefu International Music Festival (Japón). Sus obras son interpretadas por la Orchestre Nationale de Lorraine, Brussels Philarmonic, Ensemble Recherche, Ensemble Contrechamps, Ensemble Multilatérale, Ensemble Linea, músicos del Klangforum Wien,... etc. Además, colabora con Yusuke Ishii (piano), Tomoko Akasaka (viola), Carl-Emmanuel Fisbach (saxofón), músicos de su misma generación que influyen decisivamente en su actividad creadora.

Premiada por el 25º JSCM Award for Composers (Japón), de la 4ª edición del Forum ['tactus 2010-11] (Bélgica), y finalista del Takefu Composers Award 2012. Ha sido becaria de la ciudad de Ginebra, de la Fundación Patiño y Fundación Nomura.

Desde octubre 2011 es miembro del Grup MixTour como ingeniero de sonido - compositora. Actualmente vive en París.

Web: http://yumicom.blogspot.com/

(Última actualización: Octubre 2012)

2012/10/12

Voiceless week / ボイスレス週間

Au week-end dernier je suis tombée malade. Après quelques jours de repos ça allait mieux, je me sentais mieux, pas de maux de tête, pas de fièvre… par contre, j'ai complètement perdu ma voix!

Du coup cette semaine, en donnant les cours "sans voyelles" je me suis rappelée de ma recherche à l'IRCAM (sur la voix parlée en japonais, le projet s'appelé Voiceless Letters). Maintenant je suis encore entourée de 4 boîtes de médicaments qu'on m'a dit de prendre à la pharmacie, ça fait vraiment beaucoup… mais doucement je récupère ma voix. Pour l'instant 40% à peu près, mais en 2 octaves plus bas que d'habitude.

Cet après-midi je suis passée dans un café Starbucks de la gare St-Lazare, et comme je n'avais pas ma voix, j'ai noté ma commande sur un bout de papier. Ils ont été très gentils, et m'ont écrit un mot sur la tasse comme ça:

je vous souhaite une bonne journée!

J'ai été un peu surprise d'avoir une chose pareille dans une chaîne de cafés, mais en tout cas je trouve tellement sympathique. Grace à ça j'ai passé une bonne journée, malgré ma voix terrible.


# # #


前回記事に『体調を崩し』てフランスの『パワフル解熱鎮痛剤』を服用した話の後日談。 どうにか熱が下がって、やれやれ、と思ったその朝起きてみたら突然、声が全く出なくなってビックリ。しかもその日は子供たちのレッスンで8時間しゃべり通しの勤務……どうしたものか。 

結論から言うと、ほぼ普段と同じようにやりました。ただし、筆談+無声音による進行。今日はピアニッシモで話すからねー、と前置きして始め、必要なことはボードに書くようにしたら、いつもよりも集中力を発揮してくれた子たちもいて、怪我の功名だったかも。 声帯がほとんど機能していない、つまり母音の部分が鳴らない『ないしょ話』状態でも、結構コミュニケーションは取れるものですが、遠くまで伝えるのは限界があるし、いくつかの似通った発音と混同してしまう可能性が大。いろいろ試行錯誤しつつ、IRCAMでの研究員時代を思い出しつつ(日本語の発音と発声に関する研究で、プロジェクトのタイトルは『Voiceless Letters』)結局3日間ずっとボイスレス・レッスンでした。


余談ですが、移動中の空き時間、“食後に服用”の薬を飲むために何かお腹に入れる必要があって、サン=ラザール駅の某シアトル系カフェに立ち寄ったときのこと。 注文の列に並んでから、そういえば声が出ないんだったと気づき、急いでかばんに入っていたメモ帳を取り出し、注文内容と『すみません風邪で声出ないので』と一筆走り書きして店員さんに手渡したところ、一読した後、笑顔で会計に対応、そして渡されたドリンクのカップに『Je vous souhaite une bonne journée = 良い一日を!』と書いてくれていました。

心温まる出来事でした。都会の生活も捨てたものじゃないです。

2012/10/07

フランスで健康診断


( Sorry, today only in Japanese / Désolée, seulement en japonais aujourd'hui )

仕事関係で健康診断を受けるように言われ、指定の日時に書かれた住所へ。健康センターみたいな所かと思いきや、ごく普通の開業医キャビネットに多めの検査機器が置いてある程度で、ドクターと看護師が1名ずつ。
問診から始まって順当に進み、『まあそうだよね。在欧9年にもなれば、来たばっかりの頃みたいにいちいちサブライズもないって』なんて思っていたら…ありました!ブログに書けるようなネタが。
視力検査、です。 


日本でも、輪っかの一部が開いているものや、ひらがなや、動物の形などいろいろありますね。私は近眼で通常コンタクトかメガネを使っているので、眼科はわりと通い慣れていて、どのパターンがきても驚きません。ところが、 

1. 対マシーン式(無人)
 看護師さんから『はい、じゃあヘッドフォンして、後は音声ガイダンスに従ってお願いしますね』とその場に置き去りにされ『…えっと?』みたいな状態でいきなり検査開始 

2. 数が多い…時間がない!
横に2列、アルファベット5文字と数字が5つ並んでパッと表示され、その直後に音声ガイダンスが『この中に○はありますか?』という質問をしてきて、その文字・数字が計10字の中に見えれば即座にボタンを押す、というシステム。 つまり、質問されてから『Z?Zはあったっけ?』なんて探すんじゃなく、最初に10文字表示された時点ですぐに全部目を通しておかないと、結構時間的にキツいわけです。 …が、それが理解できた頃にはほぼ右目の検査が終わってました。がーん。 

3. いまどっちの目?
両目開いた状態で機械を覗き込んでの検査。勿論、片方ずつの画面が表示される仕組みになっていたのですが、実は最初の1分くらい、どちらの目に焦点を合わせたら良いのかわからなくて視界がチカチカ…。 

検査を終え、プリントアウトされてきた結果をみた看護師さんが、私を振り向いてにっこり笑って一言
『もう一度やりましょうか?』
と。…ですよねー。2ヶ月前に新調したメガネですって言ってあったし、明らかに後半に向かうに従ってスコア良くなってるんだもんね。


以上、視力検査以外は何の問題もなく健康体とのお墨付きをもらって無事診断終了。 ところが、その週末にうっかり少し体調を崩して、またこちらのパワフル解熱鎮痛剤のお世話になりました → 過去記事
確かに熱は下がるんだけどね…寝てただけなのにやたら消耗した週明けです。

2012/09/18

iPod nano, After 5 generations


Mon iPod nano (celui-ci↑) était de la première génération qui avait un problème de surchauffe de batterie, donc j'ai fait une demande de remplacement. On dirai qu'il y a eu un problème (encore!) de transport du coup j'ai dû attendre presque 5 mois pour recevoir un nouveau, mais voilà ça y est.



5 générations après… il est devenu vraiment tout petit par rapport à son arrière-arrière- (oh, j'arrive pas à compter) -grand-père!


# # #


バッテリー加熱の危険性があるという初代 iPod nano、日本でプレゼントしてもらったものだけど在住国のサポートセンター、つまりフランスで交換してもらうことに。 

4月下旬;ウェブ上で手続き→まず梱包キットが郵送で届き、数日後にUPSが製品を引き取りにくる
5月上旬;『受け取りました』メールに続いて、オランダの住所から『交換品を発送しました』メールを受信
6月末;1ヶ月以上経っても届かないのでサポートセンターに電話すると『お手元に交換品が届くまで6週間ほどかかります』との返答。えっと…時間かかるのはいいけど、じゃあ『すでに発送した』って言ったあれは何?まさかオランダから誰かが徒歩で届けてくれるとかそういう話?
 ~(中略)〜
9月中旬;6週間どころじゃないので再度サポートセンターに電話。『あなたの言うとおり、時間かかり過ぎですね。すぐ再発送の手続きをします』とテキパキしたお姉さんが答えて、その翌日、製品が自宅に到着。タグを見ると昨日の日付、差出人住所はオランダ。
たった1日で来た…!やればできる子の稀な晴れ姿を見たような気持ちです。 

それにしても小さいなぁ。

2012/09/15

M.Hosoda : Les Enfants Loups, Ame et Yuki (movie)



« Les Enfants Loups, Ame et Yuki » est un nouveau films de Hosoda, le réalisateur de « Summer Wars » et « La traversée du temps ». J'ai été assez étonnée qu'il sortait aussi tôt en France (un mois après la création au japon).

J'ai trouvé excellent le contraste entre une histoire fantastique et un côté très réaliste d'élever les enfants. Et la fin a été d'une façon inattendue pour moi.

D'ailleurs je vois qu'il y a une confusion, mais ce n'est pas une production du studio Ghibli.


Les Enfants Loups, Ame et Yuki sur IMDb :
http://www.imdb.fr/title/tt2140203/



###


日本に1ヶ月遅れてフランスでも公開された細田守監督の最新作『おおかみこどもの雨と雪』仏語字幕版で観てきました。(内容は決してひとくくりに子供向けと言えるようなものではなかったけれど、一応そういうカテゴリーに入る場合、吹替版の上映が大半を占めるので、オリジナル音声+字幕でやっている映画館を探すのがちょっとひと手間だったりします。) 

監督がインタビューで「自分の周りに子育てをしている人が増えて、特に母親たちがとてもカッコよく輝いて見えた」のが着想のきっかけだと言っているとおり、お母さんがストーリーのメイン。 おおかみおとこが登場するというファンタジーな側面と、子育ての現実感、この2つのコントラストが良かったです。
同監督の『時をかける少女』『サマーウォーズ』も好きだけど、本作は構成がより自然で、あっという間の2時間でした。フランスではどうもスタジオジブリの作品と混同されてる気配があるのですが、やっぱりちょっと違うよね、という感じ。あと、ラストは「え、ああそうか、こういうふうに終わるんだ」と少々驚きました。


今回は大きなシネコンではなく中小規模の映画館で、7〜8割方の席が埋まっていたのですが、フランス人の小さい子供がときどき「ねーあれなんでー?」とか「○○なのはどうして?」とか可愛い声でおしゃべりしていて(それも狙い澄ましたかのタイミングで)場内の笑いを誘っていました。映画の登場人物・幼少期の雨と雪も本当に可愛かったです。

2012/09/10

帰パリ*機内で観た映画覚え書き

( Sorry, today only in Japanese / Désolée, seulement en japonais aujourd'hui )



武生音楽祭でお世話になった方々、本当にありがとうございました! 素敵な出会いに恵まれ、実り多く、いろいろ楽しい一週間でした。


というわけで、名残惜しくも翌日には『一体どれだけの気温差が?!』とびっくりするほど涼しい(というかもう寒い)パリに戻ってきたわけですが、今回は初めて名古屋の中部国際空港セントレアからの出発便。空港周辺が、え、ちょっと大丈夫?と一瞬不安になるくらい空いてて、チェックインカウンターまでくるとようやくそれなりに人だかり。設備は成田とよく似ており、こじんまりしているぶん、空港内を右往左往することもなくラクです。
あと、ルフトハンザ航空を利用したのも初めてだったのですが、前の週に大規模ストライキを決行していて、ちゃんと飛んでくれるかどうか、実はハラハラしていました。(実際は大丈夫でしたが、もし旅程が2日ずれてたらアウトでした。)年中ストだデモだと仕事をしないフランスに比べて安心だと思ってたのに、ドイツもやるときはやるのか…。



飛行機の話題ついでに、行き帰りに観た映画覚え書きを。
往復ともに少々疲れ気味だったのと、機内は実は雑音が大きくて音声が聞き取りにくいので、邦画及び字幕付き作品を中心に選んだ結果がこれ;


<往路>
http://thermae-romae.jp/index.html
大流行する前に友人が『おもしろいよ』と原作を送ってくれて読んだのですが、よくもまあ映画化したものだと(笑)。実写でここまでできるとは思いませんでした。

http://www.spacebrothers-movie.com/index.html
こちらも原作漫画が人気あるみたいですね。

http://rentaneko.com/
『かもめ食堂』『めがね』と同じ荻上直子監督の作品。悪くはないんだけど、う~ん、でもイマイチ入り込めなかった。猫好きは観てるだけで幸せになれます。たぶん。

http://www.imdb.com/title/tt0111161/
「タイトルを聞いたことがあったから」ただそれだけの理由で観始めたら、心を打つ名作でした。そうか、モーガン・フリーマンは『セブン』でB.ピットと共演してた人か。


<復路>
http://kitsutsuki-rain.jp/
別に小栗旬のファンでも何でもないですが、偶然行きも帰りも出演作と鉢合わせ。役所広司との共演がよい味出してました。派手さはないけどおもしろかった。

http://www.disney.co.jp/movies/merida/
何度かこのブログにも書いているとおりピクサーの作品大っ好きなので、フランス戻ったらすぐ映画館に行くぞと思っていたところ、機内プログラムに。 ポイントは外さず、楽しく笑えてちょっと泣けるようないい話だったのですが、これまでの作品に比べるとちょっとディズニー色が強く、ピクサーにしてはインパクトに欠けるような…。『Up』『WALL-E』ほどの感動はなかったです。

http://www.imdb.com/title/tt1327194/
半分眠りながらぼんやり鑑賞。胸焼けするほど甘い典型的ラブストーリーで、途中からすでに食傷気味になりました。昔はこういうのもたまに観てたはずなんだけどなぁ。

http://www.imdb.com/title/tt0145487/
意外とよくできてるストーリー展開。 ちなみにスパイダーマンのキャラクターはフランスの子供たちに大人気で、街でよく帽子やTシャツを見かけます。


日本滞在中に観たい映画も何本かあったのですが、時間が取れず断念…。 そのうちの1本がフランスでも公開されているようなので、近々行ってきます。

2012/09/05

Info Concert 08/09/2012 @Takefu - 新しい地平 II


From several days ago I'm at Fukui, to participate in the Takefu International Music Festival. My new piece « Lynx Hunt for viola solo » will be played in New Horizons Concert II as one of the nominated pieces for Takefu Composition Award 2012.


Below I paste the information and a extract of the program note.

---
2012/09/08 16:30~18:00 @Echizen-shi Bunka Center
Ticket 2,000 yen
Performers:Next Mushroom Promotion, ensemble, Toshiya Suzuki, recorder, Felix Renggli, flute, Maki Ota, mezzo soprano, Junko Yamamoto, piano, Shuhei Mitsui, double bass, Takayo Matsumura, harp

---

About « Lynx Hunt » for viola solo : Gauche the Cellist is a short story by the Japanese author Kenji Miyazawa (1896-1933), that made me inspired to compose this piece.

- Synopsis - 
Gauche is a diligent but mediocre cellist who plays for a small town orchestra and the local cinema in the early 20th century. He struggles during rehearsals and is often berated by his conductor. 
Over the course of four nights, Gauche is visited at his mill house home by talking animals as he is practicing. 
The first night, a tortoiseshell cat came to Gauche and asked him to play Schumann's "Träumerei." Gauche was irritated, so he berated the cat and instead played "Tiger Hunt in India." This startled the cat and made it leap up and down in astonishment. The cat ran away in fright. 
The second night as he was practicing, a cuckoo came to him asking to practice scales to Gauche's cello accompaniment. Gauche repeatedly played "cuckoo, cuckoo," accompanied by the bird. Eventually, he felt that the cuckoo's song was better than his cello. Gauche chased the bird away, causing it to fly into his window, hitting its head. 
The third night as he was practicing, a raccoon dog (tanuki in Japanese) came to him asking to practice the drum to Gauche's cello accompaniment. As Gauche played "The Merry Master of a Coach Station," the tanuki hit the cello with a drum stick. The tanuki pointed out to Gauche that he played slowly despite trying to play speedily. The two left on good terms as the day broke. 
The fourth night as he was practicing, a mother mouse came in with her baby, asking him to heal her sick son. When Gauche told her that he wasn't a doctor, she replied that the sound of his music had already healed a number of animals. Gauche put the sick little mouse into a hole of his cello and played a rhapsody. When Gauche was finished, the little mouse was able to run around. The mother mouse cried, thanked Gauche, and left. 
After a great success of the orchestra's concert, in the dressing room, the conductor asked a surprised Gauche to play an encore. Upon hearing the applauding audience, Gauche thought he was being made a fool of and again played "Tiger Hunt in India." Afterward, everybody in the dressing room congratulated him.
When he came back to his house, he opened the window where the cuckoo had hit its head and felt sorry for his actions.
 ( Cf. Wikipedia : http://en.wikipedia.org/wiki/Gauche_the_Cellist ) 

Gauche plays an imaginary piece called « Tiger Hunt in India » in this tale. As the viola is smaller than the cello, this work entitled « Lynx Hunt ». In addition, the main character's name “Gauche”, is a word with a double meaning as “left” and also “clumsy” in French.


# # #


数日前から福井県に滞在、武生国際音楽祭に参加しています。
音楽祭開催期間は9月2~9日。初日から演奏会や作曲ワークショップ、新作『ヴィオラのためのリンクス・ハント』のリハーサルなどで、毎日充実のスケジュールを送っています。 

INFOページなどでも告知出してましたが、8日午後のコンサートに出演するので、以下詳細をコピペ。ついでにプログラムノートの元になった文章も貼付けておきます。タイトルの和訳は、隠れた意味も捻りも何も無く、そのまんま『山猫狩り』です。


---
新しい地平コンサート II(作曲賞入選作と現代の名作)
9月8日(土)16:30~18:00 越前市文化センター大ホール
チケット¥2,000
出演:ネクスト・マッシュルーム・プロモーション(アンサンブル)、石川星太郎(ピアノ)、中川賢一(指揮)、フェリックス・レングリ(フルート)、山本純子(ピアノ)、太田真紀(メゾソプラノ)ほか

---
『ヴィオラのためのリンクス・ハント』について : 宮沢賢治晩年の作品で、死後1934年に発表された“セロ弾きのゴーシュ”。本作品はこの童話より着想を得て作曲された。

ゴーシュは町の活動写真館の楽団「金星音楽団」でセロ(チェロ)を弾く係。楽団では近く町の音楽会で演奏予定の『第六交響曲』の練習を続けていたが、ゴーシュは下手なためにいつも楽長に厳しく叱責されていた。そんなゴーシュのもとに、ある晩、三毛猫が訪れ、シューマンのトロイメライを弾くよう依頼する。勝手に上がってきたうえ、土産と称してゴーシュの畑から青いトマトを持ってきて、さらには生意気な知ったかぶりをしたのでゴーシュは腹を立て、耳を塞ぎたくなるような大音量で『印度の虎狩り』という曲を弾き、猫を追い払う。 翌晩はカッコウが鳴き声のドレミファ(音階)を正確に習うためにゴーシュの家へ来た。その次の晩は、小太鼓の係だという狸の子が、そのまた次の晩は、野鼠の親子が。(ゴーシュはこの野鼠によって、自分のセロの演奏で動物の病気が治ると知る。) 以上のように、様々な動物が夜毎に訪れ、いろいろと理由を付けてゴーシュに演奏を依頼する。そうした経験を経た後の音楽会本番で「第六交響曲」の演奏は成功し、司会者が楽長にアンコールを所望すると、楽長はゴーシュを指名した。ゴーシュは馬鹿にされたと思って立腹しながらも、動物たちの訪問を思い出しつつ、『印度の虎狩り』を夢中で演奏する。その演奏は楽長を初めとする他の楽団員から賞賛を受けることになった。
 ( Cf. http://ja.wikipedia.org/wiki/セロ弾きのゴーシュ ) 

 物語に登場する架空のチェロ曲『印度の虎狩り Tinger Hunt』よりもひとまわり小さいヴィオラで演奏することから、虎→山猫(リンクス)とした。尚、主人公の名“ゴーシュ”は、フランス語の gauche 『左』、転じて『不器用な』という意味合いも持つ単語から来ているという説がある。

2012/08/27

Changed-Unchenged / 変わったものと、変わらないものと

Comme prévu, actuellement je suis au Japon, près de Nagoya (préfecture d'Aïchi).
Ce n'est pas ma ville natale, mais c'est un endroit où j'ai passé une partie de mon enfance. Cela me donne une nostalgie..
On dirai qu'à Paris il faisait très chaud pendant un moment, quand même c'est pas mal ici aussi, entre 32~35ºC tous les jours.

Après une semaine de séjour, enfin j'ai récupéré du décalage horaire --- prête à déplacer!



###



成田着便で帰国し、都内でいくつか所用を済ませたあと、4歳から8歳までを過ごした場所にやって来ました。 

出生時の現住所は千葉県、生まれた病院は福井県、いちばん長く住んだのは長野県の松本で、その後上京、さらに渡欧…と、移動三昧の人生を送ってきたため(というか、現在進行形でノマド生活続行中)
毎回『出身はどちらですか』と質問されるたび返事に困ってしまうのですが、それでも4歳というのはちょうどはっきりとした記憶が形成され始める時期で、こうして改めて訪れてみると、いろいろな景色や物が、それはもういろいろな思い出の欠片を引っ掛けてきます。押し入れに眠っていた段ボール箱からこんな年代物のおもちゃが出てきたりもして




もう大変です(歳がバレますねー。笑)



ほぼ毎日のように夜中の3時、早朝5時頃に無駄に目を覚ましていた時差ボケ期をなんとか脱出したところで、そろそろ次なる滞在予定地に移動します。そういえば一週間前に新横浜から名古屋まで新幹線に乗ったんですが、速い!快適!そして時間通り!と思わず感激しました。世界最速を歌っているフランスの高速鉄道TGV、あれは『瞬間最高速度』であって、それ以外の行程ではしょっちゅう徐行したり止まったり時間に遅れたりしているからなぁ。

あまりの暑さにぼうっとしてかなりペースが落ちていますが、一応、次の企画の作曲と、次の次の企画打ち合わせと、次の次の次の次の次くらいの企画の素材探しをカメの歩みで同時進行させています。我が相棒のMacBookも、さほど重いプログラムを動かしているわけでもないのに、この暑さに辟易してすぐファンが回りだす……暑いよね、うん、わかる。でもがんばってくれー。

2012/08/14

some infos / オリンピックとスペイン滞在、と、一時帰国

I retouched the colors of the blog, including fishes at the bottom of this page, and updated some informations about the Takefu International Music Festival (I will return one of these days for more details).

The next post will be from Japan !


###


J'ai retouché les couleurs du blog, y compris les poisson nageant en bas de cette page, et fait quelques mises à jours comme News, INFO, etc.

Après avoir passé une semaine en Espagne avec une de meilleures paellas dans ma vie, et avec la chaleur incroyable, finalement je repars dans un autre pays où il fait également très chaud et très humide en été… au Japon ! C'est pour le Festival International de Musique de Takefu (Je reviendrai un de ces jours pour plus de détail).

Donc la prochaine mise à jours sera depuis le Japon ;)


###


忙しく出歩いているときよりも、わりと家で落ち着いて作曲の仕事をしているとき(一見暇そう)の方が更新が滞る傾向があるな、と、前回アップ時の日付を横目で見つつ、約半月振りにこの記事を書いています。
ロンドンオリンピック、日本は大活躍で、テレビ無し生活でもめげずにニュースを追いかけつつ一喜一憂しておりました。地理的には海峡渡ってすぐお隣の国だし、時差も1時間しかないのに、私の周辺ではあまり興味を持っている人がいなくて、外出してみても号外がでたり街中に特別画面を設置して応援したり、という盛り上がりが一切無く(空港でさえ何事も無かったかのような通常営業)、いまいちお祭り感に欠けるというか。フランス勢もそれなりに頑張ってたのに…ってまさか、開催地を競った(エントリーしてたパリが最終で逆転負け)因縁がここに…?!
話を戻しまして、うちにはテレビが無いので、ネットで結果を見つつ、選手の名前で写真や動画を検索したりしていたのですが、今回のロンドンオリンピック、公式ホームページの選手紹介が結構おもしろい。個人データ、競技結果に加えて、どこでこんなの拾ってきたんだろう的な小咄がちょこちょこと載っているのです(ただし英語のみ。仏語や他の言語ページだと必要最小限の情報しか表示されない)。あと、出場者のトップページに『今日がお誕生日の選手たちはこちら』って出てくるのも何かとても可愛らしくて、心が和みました。



さて、8月上旬は私用でスペインに行っていました。暑いのが苦手なので、これまでできるだけこの夏真っ盛りシーズンは避けてきたのですが、去年仕事で滞在した7月頭よりマシだったかもしれません。まあ、暑いことが前提の国なので、それなりに工夫がされていて(昼間はブラインドやカーテンを閉じて部屋に光を入れない、冷房常備、扇風機が超強力、お昼休みが長くて午後の仕事は16〜17時から始める、など)中途半端に気温の高い所よりも慣れてしまえばきっと過ごしやすいのでしょう。 

右中程に表示されている(はず。携帯閲覧だと全然違うレイアウトになっているということに最近気づいて愕然としたものの、自分ではチェックできないから結局放置していてすみません。)“News・お知らせ”や INFO ページに掲載していますとおり、9月上旬に行われる武生音楽祭に出演するため、スペインに負けず劣らず暑いんじゃないかと思われるこの時期ですが、日本に一時帰国します。音楽祭、発表する作品についてはまた機会を改めて。



ブログ背景色(とページ下部で涼しげに泳いでいる魚たちの色)変えてみました。夏仕様第2弾。

2012/07/27

No title(というわけにもいかず)

I finished a new work, a commission from the Ensemble Reconsil.
Its world premiere will take place in Vienna on September 2013 (not 2012) in the framework of the Exploring the World Project (http://www.reconsilexploringtheworld.com/).

By the way, it was very difficult to give a title for this piece. Normally I don't have much trouble with that, so I don't know why…
Now I begin to prepare an upcoming project, but I will probably decide the title first of all (before composing)!


###


Ensemble Reconsil の委嘱、Exploring the World プロジェクト参加作品が完成しました。
初演は2013年9月(2012年の間違いではなく、1年後)にウィーンで行われる予定です。鬼が笑うような先の話と思いきや、作品依頼の打診があったのは2011年夏で、実はすでに1年経っていたりします。
まあ本当のところ、もう少し早い時期のはずだったのがあちらの事情で延期になったのですが。
けれど、おかげで締切が5ヶ月延びるというビックリな連絡が完成間近になって舞い込んできて『そういうことはもう少し早く教えてくれたら嬉しかったな…!』と、ぎゅっと拳に力が入った、というのは英語訳を載せないでおこうと思います。日本のみなさま、どうかここだけの話でお願いします。 

それにしてもこの5ヶ月、もしも締切貯金とか存在するなら絶対にしたい。



余談ですが、今回なぜかタイトル決めに難儀しました。普段は、だいたい作品の仕上がりとともにイメージやコンセプトがくっきりと見えてきて自然に決まるパターンなのに。
次はもう曲書くより先にタイトル決めちゃおうかなぁ。

2012/07/20

Sangria maison / 自家製サングリア



Profitons de l'été !
… même s'il ne fait pas chaud, ni beau, souvent avec la pluie !


###


雨が多く、気温もなかなか上がらない、どうも夏らしさに欠けるパリですが
どちらかというと暑いのは苦手なので、このくらいだとおかげさまで仕事しやすいです。 

このところわりと真面目(当社比)な更新が続いたので、息抜きがてらまた脱線します。





2週間ほど前、冷夏を無視しつつサングリアを作ってみました。
サングリアはスペインで夏によく飲まれるカクテルで、通常赤ワインベース(白バージョンも有)でフルーツがたくさん入っていて、レモネードで割ったりもして、半分ジュースみたいなもんだ、とか思っていると本格レシピでは実は結構アルコール度数の高いリキュールなんかが使われており、甘さと口当たりの良さで油断して飲んでるうちに正体を無くしかねないという(一部実話)なかなか素敵な飲物です。
外で飲むと、いまいちのワインを使っていたり、配合によって味もかなり幅広く差が出るので、これは 家で自分の好みに合わせるのがよいかな、と。この写真の数日後にもう一度挑戦しましたが、2回目にしてかなり良くなりました。
ちなみに、後ろに写っているのはスペイン風オムレツです。 

…と、こんなバカンスっぽい食事ばかりしているかと言うとそうでもなく、 この一週間はがっちり予定を立てて、玄米菜食生活。 うちでは普段から白米:玄米=1:1のブレンドにしてるので、そこはそのまま、肉魚卵乳製品アルコールその他嗜好品類をカット。もともと非喫煙者で、お酒は別に毎日飲まなくても平気、慣れるまでは献立考えるのに骨が折れますが、他のタンパク源でバランス取れると特に困ることはないです。何がいちばん大変かと言えば、『鰹・煮干・鶏の出汁が使えない』かなぁ。 一週間終えたときの達成感と、体が内側からすっきりする感じがたまらくて、大きなプロジェクトが一段落した後や、在宅の仕事中心でわりとゆったり過ごせる(=ほぼ100%自炊できる)時期に、たまにやっています。

次回はいつ頃になるやら。

2012/07/02

Audio Clips / オンライン試聴

Now you can listen to some audio clips of my music online.
Here is the link to the Page AUDIO.

Enjoy it ;)


###


Maintenant vous pouvez écouter certaines pièces à moi (pas les extraits mais les fichiers entiers au format.aif) en ligne, sur la page AUDIO.

Amusez-vous bien ;)


###


7月に入り、バカンスモードが高まるこの頃。
立て込んでいた仕事が一段落したので、この隙にブログ関連で先延ばしにしていたことをさっさとやっておこう!というわけで、新しいページ AUDIO を設置しました。
開設から5年弱を経て『まったく音が鳴らない音楽家のブログ』をいよいよ卒業です。いっそこのまま沈黙を守りつつひたすら雑談に徹する(映画とかお料理レシピとか)ことも考えたのですが、リクエストがなきにしもあらず、だったので。 

現在
act III for 2 violas
MEMORIUM II for orchestra
Voiceless Letters for T.Sax, Ensemble and Live-electronics
Koi-Uta for Sop, Mez, Cl and Va
以上4曲を設置しています。オンライン楽譜出版 Babelscores のリンクでは“.mp3圧縮版の約1分間試聴”でしたが、ここは、まぁ言うならば自宅みたいなものなので、フル音源を高音質でお楽しみ戴けたら、と思います。
今後、曲数は増えるかもしれませんし、減るかもしれません。とりあえず試運転中ということで、不備があればその都度直してゆきます。

2012/06/24

New piece… for A.Sax and Pno / 新作

Récemment j'ai fait quelques mises à jour (comme la couleur de fond, biographies, etc) et maintenant il y a une annonce sur la page INFO : le vendredi 29 juin au CNSM de Paris, un concert où une de mes nouvelles pièces va être créée.
C'est une commande par le Duo Azar, pour la formation de saxophone et piano.

Venez nombreux !


###


今週29日、Duo Azar の委嘱作品初演です。詳細は INFO ページをご覧ください。 


何を隠そうこの曲はたいへんな難産で、依頼から着想を得るまでに数ヶ月、着想から実際音を書き始めるまでの準備に数ヶ月、そこからも書いては消し、書き直した分も容赦なく捨て、途中に別の仕事を挟みながらも、かなり長い期間に渡って『両者一歩も譲らないにらめっこ』みたいな状態でした。自分の気持ちが弱っていくのと同期するかのごとくパソコンの浄書プログラムにエラーが頻発したときには、正直敗北の予感を感じましたが、マシン買い替えでスペックとともにモチベーションも上げて乗り切り、第一稿が完成。
そしてその後もリハーサルのたびにあちこち直したり変えたり、もはや何稿めだがわかりません。で、今後も必要とあらばまだまだ手を入れるつもりという…。ここまで粘るのは自分にしてはめずらしいので、いっそ気の済むまで&時間の許す限り食い下がってやろうと思います。 

上述のように、準備期間を充分に取ってしっかりと設計を組んであったので、制作過程で散々苦労したものの、できあがってみると、なんと言うか、いつにもまして“骨太”な曲になりました。
よしよし、これならちょっとやそっと転んでも大丈夫だ。笑

2012/06/15

FAQ『作曲家って』

( Sorry, today only in Japanese / Désolée, seulement en japonais aujourd'hui ) 


よくある質問で『作曲家って、制作の対象になる楽器は全部演奏できるんですか?』というのがありますが、答えはNOです。(あ、勿論探せばありとあらゆる楽器を演奏できる全知全能タイプな人もいるでしょうし、逆に自分の楽器の曲しか作らない人もいます。)
一応建前としては、自分で弾けない楽器についても奏法・音域・音色などの特徴をひととおり勉強し、経験を積めば書ける、ということになっています。 


私はもともとピアノ弾きで、中学・高校時代に吹奏楽部に所属していたので、鍵盤と木管楽器はだいたい様子が分かり、担当していたオーボエ(+サックスとクラリネットも短期間)ならある程度は演奏できます。
トランペット、ホルンなどの金管楽器は同じ“吹く”楽器群だから、息がどのくらい続くかは想像できるし、仕組みもそう複雑ではないので問題ないけれど、実際に『じゃ、吹いてみて』といきなり楽器を手渡されてもたぶん音は出せません(笑)。
ヴァイオリン、ヴィオラなどの弦楽器、またハープに関しては、音が鳴る・鳴らないどころか、大学に入るまで触ったこともありませんでした。今では音域や運指、それぞれの奏法による音色の違いなど、諸々必要なことは頭に入っていますが、やっぱり弾けません。
知ってるけど弾けない、とはどういうことか。たとえば、フィギュアスケートなんかを想像していただいて、こっちの足でこのタイミングで踏み切って着地がこうだと2回転アクセルだとか、手がこの位置にあったら〇〇スピンだとかが知識としてあり、スケート靴履いてリンクに立つことくらいはできても、普通の人はいきなり3回転ジャンプはできない(と思う)。そういうのに近いかと。 

個々の楽器について理解できたら、次は管弦楽法(オーケストレーション)。それぞれ違う楽器が様々なパターンで組み合わさったときにどうなるか。
具体例を挙げると、トランペットとフルートが中音域で全く同じメロディーを吹いたら、音量で勝るトランペットがフルートの音をかき消してしまう、という状況に於いて → フルートは高音域で存在感を増すので1オクターブ上げる、という対処法を持ってくるようなものです。
ちなみにこれが80人規模のオーケストラになると組み合わせパターンの可能性も半端ないことに。ま、そこが大編成アンサンブル作曲のおもしろいところでもあるのですが。

と、ここまでの流れから『やはり自分に馴染みがあって弾ける楽器の曲が書きやすいです』という結論に辿り着くかと思いきや、
私自身はピアニスト出身のくせに、というかむしろ元がピアニストだからなのか、実は長年ピアノ曲の作曲が鬼門でした。
理由は簡単、ずばり『考え過ぎ』。これ指届くかなー、弾けなくはないけど弾きづらいなー、この跳躍は外すリスク高いなー、譜読みに骨が折れそうだなー、etc… 弾く立場がリアルに想像できていちいち雑念が入り、音楽的欲求と技術的問題の板挟み状態に。他の楽器だと『難しいかな…うーん、でもなんとか弾けるでしょ。頑張って〜』と、自分にお鉢が回ってくることは絶対にないから無責任に丸投げできる演奏者を信じて自由に創作できるのに。なかなか厄介なものです。
このままでは不味いと思い、
・自作自演はしない
・作曲時にピアノを使用しない
以上二点をしばらく徹底して、昨今は苦手意識がだいぶ薄れつつあります。
あと、これは別の意図もあってのことですが、ここ1年半ほど内部奏法を禁じ手とし、俗に言う“現代音楽っぽい特殊な音”に頼らなくても使える語彙を増やすよう心懸けています。 


ふと、このところ編成にピアノが入った作品が続くな、なんて思い、こんな話題で書いてみました。

2012/06/08

S.Iwai : All About Lily Chou-Chou (movie and novel)



J'ai parlé de « Swallowtail Butterfly » l'autre fois, c'est un autre film de réalisateur japonais, Shunji IWAI « All About Lily Chou-Chou »; sorti le 7 septembre 2001, récompensé par le prix C.I.C.A.E. du Festival de Berlin 2002.

Au départ (avant le film) le réalisateur l'a publié comme un roman expérimental sur Internet, où n'importe qui pouvaient écrire là-dessus sous la forme de BBS (= forum Internet). Récemment j'ai trouvé le roman édité en 2004, dans une librairie d'occasion. Il avait la structure très originale, différente par rapport au film. Je l'ai trouvé vraiment excellent.

Le DVD est disponible avec les sous-titres anglais.

Site Web: All About Lily Chou-Chou ( English/Japanese ) 


###


以前記事にした『スワロウテイル・バタフライ』映画版及び小説版に続いて、岩井俊二のもうひとつの代表作、『リリイ・シュシュのすべて』。 

もとはインターネット掲示板で公開された、閲覧している一般人も書き込み可能(2000年5月16日以降不可)な実験的小説で、10年以上たった現在も、再び書き込み可能な掲示板として存続しています。
『スワロウテイル』と比べると、背景・設定にフィクション要素がないだけに、初めて映画版を観たときはいろいろとショックが大きかったです。10代前半のときどき陥る不安定さを思い出すと、絶対にあり得ないとは言えず想像できてしまって、痛みがリアル。そこに例の、不純物をすっかり濾過しきったような美しい映像と音が重なってくるという。
タイトルの”リリイ・シュシュ”はドビュッシーの最初の奥さん Rosalie の愛称であった Lily と、娘の呼び名 Chou chou(フランス語でお気に入り、可愛い子の意)から取ったそうで、映画のために作られた音楽に加え、ドビュッシーのピアノ曲がいくつか使われてます。 

ところで、映画の公開が2001年なんだから当たりまえといえば当たりまえですが、出演者がみんな若くて、いま観るとビックリ(とは言え、ちょうど2000年頃からテレビ無し生活に入ったので、当時のイメージのままで記憶されてる俳優さんの方が実は多いかもしれない)。そして『こんなところにあの人が!』的キャストにもなかなか驚かされます。例えばものすごい変わり者役の大沢たかおとか。


さて、
2000年のインターネット小説公開
→連載終了後、その一部分をもとにシナリオが執筆され
→2001年に岩井俊二自身によって映画化
→その3年後に原作本が制作され、刊行
という流れだった訳ですが、ごく最近、この原作文庫版をパリの某日系古書店Bックオフで偶然入手しました。
ネット連載の頃は知らなかったので(というか当時ほとんどネット使ってなかった)その実験的要素なるものは何もわからないまま、映画のストーリーをなぞるつもりで読み始めたら、構成がとても面白いことになっていました。すべてが掲示板の書き込み、いわばで会話文で進行していて、小説の「〇〇が××した」「そこには△△があった」などの説明を与える”地の文”が一切無い。しかも後半はその書き込みすら主人公のものに限定。
独り語りで、説明臭くも一方的にもならずにここまで状況が把握できるような文章って可能なんだ!と感嘆。読了後は再びBックオフへお返しするつもりでしたが、一転、“手元に置いておきたい本”の本棚行きとなりました。

 


ざっくり総括;これもまた好き嫌いが分かれるんだろうなぁ、とどこか冷静に観察しているようで、結局自分は“好き”の側に転がっているので、ここで書いていることも客観に欠けるのでしょうし無闇にお薦めもしませんが、でも素晴らしい作品だと思うし、やはり私は彼の世界観が好きなんだなぁ、ということだけ最後に書いておきます(笑)。

2012/06/06

6月6日、雨

( Sorry, today only in Japanese / Désolée, seulement en japonais aujourd'hui ) 

本日の日付と天気から最初のフレーズを思い出したものの、途中がすっかり抜け落ちていて歌えないし描けないし… なんだか悔しくて、つい探してしまいました。




2012/06/02

MixTour in Festival ENSEMS 2012


Merci beaucoup pour tous ceux qui sont venus à notre concert "Toys and Tierkreis" au Festival ENSEMS 2012 à Valence !!
Les extraits d'audio du concert seront bientôt disponibles sur le site Web de Grup Mixtour. En les attendant, voici quelques photos;


Grand piano Stainway - Toy piano


Rehearsal, in C


Rehearsal, Tierkreis Parade


Centre del Carme, Valencia (SPAIN)


Centre del Carme, Valencia (SPAIN) 


###


前回記事でお知らせしたENSEMS現代音楽祭、正午開演という、宵っ張りのスペイン人にはなんとも早い時刻の演奏会だったにも関わらず、たくさんのお客さんに来て頂いてほぼ満員御礼!ありがとうございました(と、ここで日本語で書いてもあまり意味はないと思われますが、一応。パリやジュネーヴに比べると外国人少なくて、日本人らしき人は滞在中一度も見かけず)。



新しいプログラム "Toys and Tierkreis" は一般のお客さんだけでなく、主催者側にも好評だったようでよかったです。何しろ演奏する自分たちが素で思い切り楽しんでやってます。基本、舞台には乗らない私も、リハーサル中に T.ライリーの『in C』ピアノパートで一瞬参加したんですが、あれはクセになる!主にド・ミ・ソしか弾いてないのになんであんなに楽しいんでしょうか?(笑)


今回は慌ただしく1,5泊3日くらいの強行スケジュールを組んでしまい、リハーサル+本番でもう割と予定がいっぱいいっぱいでしたが、せっかくなので同フェスティバルの ensemble mosaik(1日)と Grup Instrumental de València(2日)の両演奏会を拝聴。いままで聴いたことがなかった地元ヴァレンシア及びスペイン別地域出身の作曲家の作品がいくつか演奏されていて、新鮮な体験でした。 

そう、新鮮な体験と言えば、
6月上旬ですでに市街地の気温が37℃もあって驚愕しました。
これなら、街路樹が椰子の木なのも納得です。

2012/05/15

Grup MixTour / Toys & Tierkreis @SPAIN

Festival ENSEMS
02.06.2012 12.00 h / Centre del Carme (Sala Ferreres)
Grup MixTour Toys & Tierkreis
Pablo Rus Broseta, director musical 


Le programme avec les pièces de Terry Riley
, Laurant Durupt, György Kurtág, Gérard Pesson, Anthony Cheung, Karlheinz Stockhausen / Adrián Borredà
→ more info


Le Grup MixTour est invité à la 34ème édition du festival ENSEMS à Valence (Espagne) !
Par rapport aux derniers concerts - LiszTour - une programmation autours de la musique de F.Liszt, cette fois nous allons jouer sur un thème "Toys & Tierkreis".

Venez nombreux !!


###


ビックリするくらい更新をサボっててごめんなさい元気です働いてます。
というわけで(ってすごい無茶振りですが) 来る6月2日、スペイン ENSEMS現代音楽祭に我ら Grup MixTour の出演が決定しました! 

ENSEMS現代音楽祭についてちょこっとお話しますと、バレンシアにて毎年開催、今年でなんと34回目を数える老舗フェスティバルで、地元の現代音楽アンサンブル Grup Instrumental de València や、クロノス・カルテット(米)、アンサンブル mosaik(独)など、なかなか豪華な面々が招待されています(ということに今ウェブサイトを見ていて気がつきました)。
詳しくは INFO ページより、本家ウェブサイトのリンクを貼っておきますのでご覧ください。ちなみにこれも今気がつきましたが、『ヴァレンシア語・スペイン語・英語』って3つ言語選択できるようになっているけど、どれクリックしてもスペイン語でしか表示されません…おーい、もう少し頑張ってくれ〜。笑 

さて、肝心な内容はと言いますと、 これまで4回公演したF.リスト生誕200年記念” LiszTour ”とはだいぶ違う趣向で、今回は”遊び・おもちゃ”をテーマに、K.-H.シュトックハウゼンの作品『ティアクライス(十二宮)』(1975)とトイ・ピアノを中心に組まれた新しいプログラムのお披露目を兼ねています。現代音楽の知識がなくても、来て、見て、聴いて楽しい演奏会になればいいな、と願って止みません。 

私は例によって音響技術担当で参加します。
どうぞお楽しみに!

2012/04/12

Bangor - extra / イギリス・バンガー旅行話

Si vous pensez à voyager à Bangor, voici il y a 3 options :

1. Bangor
http://fr.wikipedia.org/wiki/Bangor_(pays_de_Galles)

2. Bangor
http://fr.wikipedia.org/wiki/Bangor_(Maine)

3. Bangor
http://fr.wikipedia.org/wiki/Bangor_(Irlande_du_Nord)

... vérifiez bien avant votre départ !! ;)




How lovely ! Red telephone boxes in UK


###


前回記事ではシンポジウムの内容以外のことをほとんど書かなかったので、ここでイギリス・バンガー旅行のおまけ的な話をいくつか。

まずロンドン乗換で思い切り私の目を惹いた赤い電話ボックス。いま調べたらウィキペディアでがっつりページ割かれてますね(http://en.wikipedia.org/wiki/Red_telephone_box)。お約束の雨で写真撮りそびれたけど、同じく赤い二階建てバスもラブリーでした。あと、クラシックカーみたいなタクシーも。

バンガーへの列車移動中、途中の停車駅でふとした違和感が。なんか…読めるみたいな読めないみたいなこの表示はなんだ??
と思ったら、英語とウェールズ語の二カ国語表記でした。確かに、渡英前に主催者側から送られてきた手紙やメールも一部そうだった。母国語の仏語に加えてスペイン語、英語を難なく使いこなす同行のサキソフォン奏者C-Eマニュエル君も、通りの名前を表示した看板を見て、一瞬言葉に詰まる。





ウェールズ語、途方に暮れるほど子音が多いです……!
しかし、大学関係者及びシンポジウム参加者はみんな英語で、実際ウェールズ語を耳にすることは一度もないまま。喋ってるとこ、聴いてみたかったなぁ。子音だらけだし、寒いし、しょっちゅう噛んじゃいそうだなぁ。

と、くだらないこと考えてて記憶が甦ってきたのですが、それはそれは寒かったです。パリの4月も急に気温が下がることはあるし、そこまで違わないと思ってたけど、海が近いからなのか常に風が強く、体感気温は相当低かったんじゃないかと。しかも、宿泊施設(大学の寮が集まった建物)もイースター休暇で人が少ないせいか冷えきっており、初日はあまりの寒さに寝付けなかったほど。冬用コートとロングブーツで行って正解でした(←正直それでも足りないくらいでした)。

驚いたのは、その極寒の気候に反比例するかのごとく、人がとてもあたたかかったこと。出会う人、出会う人、みんな例外なく親切、いやもう親切通り越して親身な対応で、滞在中どこへ行っても不安や不快な気持ちになることがほとんどありませんでした。
ヨーロッパ諸国にもそれぞれ異なる国民性があるけど(ここでは個人レベルの話はひとまず置いておくとして)、たぶん決定的な違いとして『陸続き国境のすぐあちら側にある脅威と常に向かい合っているかどうか』というのがあるのではないかと。イギリスで接した人達からは、例え余所者であっても“ファーストコンタクトで敵認定”って発想はあまりないように感じました。似たような地理環境の日本人としては安心するというか…島国シンパシーですかね。笑




最後におまけのおまけ。
フランスではMonoprix(ラファイエット系列のスーパーマーケット)でのみ、ごく限られた種類しか扱っていないお気に入りのCLIPPERのお茶、見たこともないブレンドハーブティーがたくさん売られていたので、思わず3箱買っちゃいました。そんなに高くない普段使いのお茶ですが、オーガニックの茶葉に無漂白フィルター使用、味も良いのでおすすめ。

2012/04/10

INTER/actions @Bangor University, UK



INTER/actions: Symposium on Interactive Eletronic Music

10-12/04/2012
@Bangor University
Ffordd y Coleg / College Road Bangor, Gwynedd LL57 2DG, United Kingdom
Web : http://www.bangor.ac.uk/news/full.php.en?nid=7612&tnid=7612

Yumiko Yokoi : Cadenza from "Voiceless Letters" for Ten-sax & Live-electronic
Carl-Emmanuel Fisbach, Ten-sax
Yumiko Yokoi, Electronic
detail of the piece


C'est ma première visite au Royaume-Uni, à l'occasion du Symposium INTER/actions à l'Université du pays de Galles.
Je suis arrivée d'abord à Londres en Eurostar, puis encore 3 heures de voyage pour Bangor - tout calme, au bord de la mer - une ville universitaire.




Le symposium durait 3 jours, il y avait des concerts, des conférences,... plein d'événements autour de la musique électroacoustique. J'ai eu un petit problème technique (oui, un tout petit problème ;)... ) et ma pièce a été reportée dans un autre concert par rapport au planning, mais grâce aux aides de l'équipe d'organisation tout s'est bien passé.
Merci à tous !!


###


ウェールズ大学バンガー校で開催された、ライブエレクトロニクスを用いた音楽に関するシンポジウム INTER/actions に参加するため、初めてイギリスに行ってきました。『パリからユーロスターで2時間強、近い近い、いつでも行けるし』なんて言ってるうちにふと気づけば8年経過しており、渡英が決まってから実はかなりわくわく(笑)。
ロンドンまでユーロスター、そこからさらに急行列車で3時間移動して漸くイギリス本島のほぼ端っこ、海岸沿いに位置する大学都市バンガーに到着。シンポジウム初日の夜のコンサートで演奏発表、の予定、でしたが少々トラブって、翌日の別のプログラムに延期。
他所でも何度か演奏してる作品で、演奏者も初演からの付き合いなので心配ないと思ってたんですが、どうもコンピュータ⇔サウンドカード⇔プログラムの新旧バージョン…etc. つながりの相性が悉く悪かったみたいで、結局、同じくパリから来てた作曲家の友人の自前の機材を借りてのパフォーマンスとなりました(P、本当にありがとう!)この手のトラブルは電子音楽やっているともうある意味お約束で、そこまで動揺しないけど、でも何の対処もできずに『開く→DSPオン→即プログラムの強制終了』の無限ループにはまったときはさすがにちょっと胃が痛かったっす……この経験を糧にまた人間強くなるのだと信じたい。




そんな状況で、2日目のコンサートが終わるまでは他の講演会への参加も街の散策もあまり落ち着いてできなかったのですが、シンポジウム自体は非常に内容が濃く、少人数のチームできちんとオーガナイズされていて素晴らしかったです。特に自分はこれまでイギリス音楽に触れる機会が少なかったので、いろいろ考えさせられました。長閑な地方都市という環境もあるのかもしれないけど、学生がのびのびと好きなことをやっている印象が強く、書法もあまりきっちり書かないというか、インプロビゼーションに重点を置いた作品が多かったです。




上の写真はパフォーマンスを行なったコンサートホール。音響、スピーカーの配置、舞台との距離、集客数など、それぞれがいいバランス。でもパリに戻ってからゲネプロの音源聴き直したら、思いっきりカモメの鳴き声入ってました。これはアリ…かなぁ。

2012/04/01

Poisson d'avril / 嘘みたいに

En étant un être humain, c'est normal de tomber malade de temps en temps. Donc, je suis généralement en bonne santé, quand même ça arrive parfois, oui c'est normal d'avoir un peu mal à la tête, un peu de fièvre, un peu mal à l'estomac, et d'autres,... ça va, sauf si tous n'arrivent pas à la fois !

J'ai accueilli donc le 1er avril - qui est le premier jour de l'année académique au japon - au lit avec une boîte de Doliprane à la main. Je n'ai pu faire aucun mensonge pour le poisson d'avril (bon, je le ferai deux fois plus l'année prochaine :p).


###


小学生で神経性胃炎になるというあまり子供らしくない子供時代に見られるように、不測の事態に対するストレスや疲れなんかが結構わかりやすく体に現れるタイプです。さくさく物事こなしてるように思われることが度々あるのですが、どちらかというと要領悪い方だと自分では認識してます(見かけ倒しだったらすみません)。それもまあこの歳になれば、自分自身と上手く付き合っていく方法を覚えて、要領悪いなりに日々の生活を問題なく過ごせるくらいにはなるもんだ、とか思っていたのですが。

最近少し生活パターンに変化があり、ちょっと疲れたな、くらいに感じるプチ不調がいくつかあって、でもそれぞれはたいしたことないから、無理しない程度に仕事をセーブしつつ放置していたら、ある日そのプチ不調たちが足並み揃えて『せーの!』で乗り込んできまして、ひさびさに寝込みました。既にその数日前からきちんと食事が摂れていなかったこともあり、寝てる間、以前マクロビ食事療法+1日断食を試した際に体験した好転反応まで出てきて、もう大変。

とりあえずまず発熱をなんとかしようと、昨年1月のインフル疑惑のときに購入した解熱剤の残り(揺れる頭で期限と量だけは確認)を服用。フランスでは非常にスタンダードなやつなのですが、日本の『半分は優しさでできている』アレなんかとは違って、こう、自動詞的ではなく他動詞的というか…『飲んだら熱が下がります』じゃなくて『飲んで熱を下げるぜ!』という傍迷惑アグレッシブな感じで、体内が思い切り戦闘モードに入りました。おかげさまで翌朝熱は下がりましたが、勢いよく平熱よりさらに0.5度ほど下がってしまい『ス、ストップ!もういいから!』と体温計相手に懇願するというオチ付き。

そんなこんなで寝正月ならぬ寝週末を過ごし、週明けにベッドを抜け出してみると、憑き物が落ちたかのように体が軽い。なにこれエイプリールフール?
体の訴えは早めに聞くべし、ですね。

2012/03/25

L'heure d'été / サマータイム

J'ai vu le passage à l'heure d'été, au moment précis. L'affichage de l'heure sur mon Mac a montré

01:59:59

puis une seconde après,

03:00:00

Bienvenu le printemps !!


###


在欧年数がそろそろ2桁に突入しようかというのに、なぜだかお約束のようにすっかり忘れてしまう夏時間/冬時間の切替、今回は奇跡的に覚えていられました。しかも締切間際の夜更かしついでに、Macのデジタル時計が01:59:59から03:00:00になる瞬間もこの目でしかと見届けました。時計を一時間進めるってだけなんだけど、2時台はいったいどこへ消えてしまったんだろう…とどうも100%納得はできないような、不思議な気分です。
そして、納得できてもできなくても、その分朝が1時間早く来るというわけで、その分さらに寝不足になるという。。

このところ気温の高低差が激しく、また突発の仕事が立て込んでちょっと忙しくしています。新しい企画や地味な下積み作業が主なのですが、4月上旬イギリスで開かれるシンポジウム INTER/actions でのパフォーマンス、あと6月にもう一件演奏会が入る予定があり、そちらも準備中。何はともあれ、やはり体が資本ですね。みなさまもどうぞご自愛くださいませ。

2012/02/26

DANSE・DANSE・DANSE

Il y a toujours "la première fois" pour tous.




J'ai fais une première visite au Rec Club, un club situé au sous-sol du Grand Rex (une salle de cinéma parisienne inaugurée en 1932). En fait je ne suis pas allée pour danser mais pour écouter la musique électronique, avec un système de multi-diffusion par 70 points de diffusion répartis dans la salle.


###


辛うじて“都内”とはいえほとんどS県(屋上から所沢ドームと遊園地の観覧車が一望)の郊外で大学時代を過ごし、その後は語学・留学手続きに奔走、無事渡欧したらしたでやっぱり語学にヘビー級の履修課程、そろそろ慣れたかなという頃にスイスへ引越…と、ずいぶん長く学生でいたわりに“学生時代にする遊び”や“ハメはずし”、例えばサークル活動の合宿とか、飲み会で泥酔して終電逃すとか、そういうのを悉くスルーしたまま現在に至ります。気づいたところで『ま、別にいっかー。』程度の感想しか出てこないので問題ないのですが、そのやらなかったことシリーズのひとつを体験する機会がひょっこり訪れました。





というわけで、クラブです。70年代ディスコ→80年代ロック→93年から電子音楽を取り入れ今日ではパリでテクノといえばここ!という位置づけ、だそうです(すみませんWikiそのまんま受け売りです)。
いきなりどうして足を踏み入れることになったのかというと『とあるジャンルの電子音楽の取材』の付き添い。まぁ、そんなに真面目なものではなくて、さらに私はオマケで一緒に行っただけのですが、せっかくなので2006年に設置されたという世界唯一の音響システムをじっくり観察。
理由がこんなで通い慣れてもいないから浮くかなーと思いきや、そうでもなくて、常連らしきグループやいかにも『踊りにきました!』という人達に加え、初めてで右往左往してるような姿や、壁際で大人しく飲んでるだけの人なんかも少なからず見かけました。服装もわりと普段着が多かったような。
音に関しては、耳が吹っ飛ぶような大音響を想像していたところ、重低音は確かに強いものの、突き刺さるような、痛い音色は少なくて(この日が偶然そうだったのかもしれません)これなら某音響研究所にいた頃の方がよほど鼓膜を危険にさらしてたよなぁ、なんて思ったり。ただあの重厚な低音のアタックは長時間聴き続けたら翌日耳鳴りするかも。

2012/02/15

Maison - Parapluie

Cela fait plus d'un mois depuis la dernière mise à jour... Il n'y a pas une raison spéciale, je suis bien là, pas malade, juste je compose (c'est ce qu'il faut pour une compositrice, je crois).
La nouvelle pièce pour saxophone alto et piano, commande de Duo Azar, est en train de prendre sa forme.
Et puis une petite annonce ; on va rejouer Cadenza from "Voiceless Letters" au Royaume-Uni en avril. Je vais noter très bientôt le détail dans la page INFO.




Il y a quelques semaines, j'ai acheté un parapluie sur Internet (mais oui, parce qu'il pleuvait dehors). Il est bien arrivé chez moi,... avec une boîte énorme de 20×20×120cm !
En japonais "Kasa" signifie "parapluie", presque pareil que "Casa" qui signifie "maison" en espagnol.
Ne vous inquiétez pas, "Maison" et "Parapluie" ne signifient rien en japonais, ni en espagnol (...ça suffit !)


###


前回更新から1ヶ月強経ってしまいましたが、みなさまお元気でしょうか。ヨーロッパは大寒波に見舞われ、そんな極寒の中、お約束の滞在許可証更新手続きで朝まだ暗いうちから県庁に並んだり、せっかく並んだのに受付で呼ばれるや否や『今日はできないから、この日にこの書類もって出直して来て』と追い返されて落ち込んだり、フランス版ア○ゾンで傘を購入したらタテヨコ高さ=20×20×120cmの自分が入れそうな巨大な段ボール(もちろん中身はスッカスカ)で届いて度肝を抜かれたり、節分に『どうせ追い出す鬼もフランス人だしね〜 ←というか人じゃない』と誰にともなく言い訳しつつピスタチオを撒いたりしていました。
それから本業の作曲もしてました。何ヶ月もの間書いては消し、一進一退を繰り返し、先が見えず難航していたアルトサックスとピアノのためのデュオ(Duo Azar 委嘱作品)が漸く形になり、ほっと胸を撫で下ろしております。って、これから詳細を詰めるのでまだ完成は先なんですが。お披露目はさらにもう少し先で、4〜6月頃にパリorパリ近郊を予定しています。


先日、代講の仕事で急遽10〜12人の子供のソルフェージュクラスを教える機会があり、なにか楽しい教材はないかと脳内の教育関係引き出しを探したところ、ヴォイス・アンサンブル作品『野菜の気持ち(古谷哲也 作詞作曲)』を思い出しました。5パートに分かれて野菜と果物の名前をリズムに合わせて歌う(というか喋る)もので、楽しいけど嘗めてかかると結構難しい曲です。ただフランス人の生徒たち相手に『バナナ、キャベツ、しいたけ、ピーナツ、ぽんかん』と書かれた譜面をそのまま使うわけにもいかず、結局はヴォイス・アンサンブルのアイデアだけ拝借して自分で短い曲を作ることになり、えっらい苦労するハメに…。リズムの組み合わせ自体は問題なくできるんですが、歌詞にする単語を選ぶのが大変。韻がそこそこはまっても、何と言うか、日本語でやったときのようなコミカルさに欠ける…。
ところでいまググって知ったんですが、『野菜の気持ち』、音友の高校音楽教科書に掲載されてるんですね。私も高校生のときにやったけど、当時はそこまでメジャーじゃなくてちょっと変わりダネとして遊んだ記憶があったので。『しいたけしいたけしいたけ』と散々繰り返して『しいたけ』だか『たけしい』だかわからなくなってきた中盤あたりに『まつたけ』がこっそり紛れ込んでいたり、『ぽんかん』がリズム・語の響きともにとぼけていたり、本当におもしろくてたまらなかったです。

2012/01/07

1st Wedding Anniv 綿婚式、とチューバその後

( Sorry, today only in Japanese / Désolée, seulement en japonais aujourd'hui )


結婚一周年でした。諸説あるようですが、式を挙げた市役所で記念にもらった本に書かれていたフランス式では『Noces de coton 綿婚式』だそうです。アメリカ式だと紙婚式だったかな?どっちにしても駆け出し・新米・下っ端感が漂ってて、上手いこと言うなぁ、と。

去年の今頃を振り返ってみると、挙式直後から39℃越えの高熱で1週間寝込み、病み上がりでベルギーに渡ってオケのリハーサル中に居たたまれなくなるほど咳をしつつの ['tactus]参加 …という、ちょっと忘れたいような、でも素晴らしい経験に加えて滞在先ホストファミリーでの温かい歓迎やフォーラムで知り合えた人たちとの交流など、いい思い出もあるからしっかりと記憶に留めておきたいような、複雑な気持ちになります。そう言えば、これを皮切りに、その後もやれあっちへ2週間こっちへ3週間などと出歩いていて、さらに夫も同業者なので似たり寄ったりの行動パターンだったりしまして、研修・遠方での演奏会・フェスティバル参加などざっくり数えてみたところ、年間4ヶ月くらいはどちらかが家に居ない状態だったことが判明。
意外と、こういう距離感こそが長続きの秘訣かもしれません。って、別にわざとやってるわけでもないんですけどねー。



上記があまりにプライベートな雑談過ぎるので仕事の話もひとつ。昨年10月に引き受けた協奏曲オケパート→ピアノ伴奏へのアレンジの2曲目がやっと完成しました。普段作曲で消耗する部分の脳も、集中力もさして必要なく、しかしただひたすら長く(スコアおよそ100ページ)、そしてピアノが弾きたくなる日々。
音源が存在しなかったのと、

チューバソロ、ピッコロ1、フルート1、オーボエ1、クラリネット2、アルトサックス1、ファゴット1、ホルン2、トランペット2、トロンボーン2、ユーフォニウム、チューバ(ソリストとは別に)1、ティンパニ1名

という普段あまりお目にかかれない編成だったので、脳内再生に骨が折れるかと覚悟してましたが、作業の間、中学高校での吹奏楽経験がいい具合にサポートになって割と難なくできました。
ついでに、懐かしくなって当時のコンクール自由曲定番レパートリーをYoutubeで探して試聴してるうちにあれぇ3時間経ってた!というのはご愛嬌ということで。

2012/01/01

Puss in Boots 長靴でお正月



Pattes de velours... et bottes de cuir

Puss in Boots / Le Chat Potté (2011)
- Written by Charles Perrault, William Davies, and more
- Directed by Chris Miller
- Premiered in France, 30 November 2011
- Starring Antonio Banderas, Salma Hayek, and Zach Galifianakis


Pour commencer l'année tout sérieusement, je suis allée voir Le Chat Potté (en 2D) au cinéma, un spin-off de la sage Shrek des studios DreamWorks Animation.
Après avoir vu La piel que habito de P.Almodovar, c'est difficile à croire que la voix de chat est celle d'Antonio Banderas... !


Joyeux nouvel an à tous :)


###


みなさま、あけましておめでとうございます。
旧年中はたいへんお世話になりました。そして今年もまたたいへんお世話になることが予想されますが、どうぞお付き合い戴けましたら幸いです。

イベント三昧・一族集合のクリスマス〜年末をスペインで過ごし、その反動というか、大晦日・元旦は家族二名で静かにパリで迎えました。ゆっくりお正月モノを用意する暇もなかったけど、辛うじて年越し蕎麦だけはなんとか。お雑煮は旧正月辺りの忘れた頃にサプライズを狙ってみようと思います。

ヨーロッパの新年なんてあっさりしたもので、明日からもう通常営業。今日も『ただの日曜日?』という雰囲気がしないでもない。
でも、なし崩しにいつもどおり仕事を始めてしまうのもどうかと思い、お昼に近所の映画館で上映中の『Puss in Boots 長ぐつをはいたネコ(2011)』を観に行ってきました。オリジナルのお話じゃなくて『シュレック』シリーズに出てくるあの猫が主役のスピンオフ。というわけで対象年齢6歳以上のコメディです。これで初笑いもバッチリ(でも声優がアルモドバルのあの映画のアントニオ・バンデラスと同一人物だったのには軽くショック…!ちなみに日本語版は竹中直人なんですね)。
日本では3月公開予定。