2011/07/27

Harry Potter 7 - part2

Harry Potter and the Deathly Hallows - part 2 (2011)
- Written by Steve Kloves (screenplay), J.K.Rowling (novel)
- Directed by David Yates
- Premiered in France, 13 July
- Starring Daniel Radcliff, Rupert Grint & Emma Watson


Le dernier d'une longue histoire...
Je continuais de surveiller cette série jusque maintenant, bien que je sois déjà grande (rire). C'était le premier livre que j'ai lu en français en disant que "c'est pour étudier le français" mais à vrai dire, c'était seulement que j'ai pas pu attendre la traduction japonaise qui prenait à peu près 1 an de plus par rapport à celle de français.

###

ハリーポッターのシリーズ最終章。長かったですねぇ。もともと映画より原作本派なので(3巻のアズカバンからはフランス語で読みました。なぜなら日本語翻訳本に比べて発売が1年近く早いから)今回もあのシーンやこのシーンは同映像化されるんだろうかと期待半分・不安半分。
細かいところを言えばキリがないしそれぞれ好みもあるだろうし…とワガママを抑えて大人な意見でまとめると、よくできてたなーと思います。原作を逸脱せず、尚且つあのボリュームを齟齬が出ないようにコンパクトにまとめてあって。
主要キャストが同じ俳優で続いた(1名除いて。でも仕方ない状況)のは実に感慨深いです。


Warner Bros. 公式サイト
http://harrypotter.warnerbros.com/
IMDb
http://www.imdb.com/title/tt1201607/

2011/07/25

Eihei-ji @Fukui 永平寺




Après avoir quitté Kyoto, voici je me rends dans un autre temple... Eihei-ji, l'un des deux principaux temples japonais de l'école Soto du bouddhisme zen, fondé en 1244 par Eihi Dogen.
http://fr.wikipedia.org/wiki/Eihei-ji

###

正式名称は“永平寺曹洞宗大本山永平寺”ー福井県は吉田郡永平寺町にある曹洞宗大本山の寺院。京都で観光名所として賑わう金閣寺や清水寺と比べると、修行中のお坊さんたちの日常が垣間見える「現役」のお寺という印象が強い(もちろん、こちらも観光客はたくさんいるんですけどね)。一泊とか一週間とか、短期で座禅修行なんかも出来るそうです。
母方の実家が福井県なので、私にとってはわりと耳になじみのあるお寺だったりします。


こちらは『お一人2回まで、ご自由にどうぞ』という鐘。
いい音でした(本格的なマイクで集音したかった…!)

2011/07/24

@Kyoto (ベタに)京都観光

2 jours à Kyoto, ça fait très très long temps que j'y étais pas là (en fait je ne me souviens presque rien de mes visites dans mon enfance). Donc, pourquoi pas de faire un tour "typique-touristique" ?


Kinkaku-ji < Pavillon d'or >




Ryoan-ji < Temple du repos du dragon >




Kyoto tour < Tour de Kyoto >




Kiyomizu-dera




To-ji < Temple de l'est >




###

中学の修学旅行以来!というわけでこれでもかというほどベタな京都観光名所(金閣、龍安寺、清水寺、東寺)を巡って参りました。泊まったホテルが系列だったので京都タワー無料券をもらい、せっかくだからと登ってみたところ、これがなかなか楽しい!全方向に望遠鏡装備、説明書きも親切で、名所の位置関係が一目で把握できます。行く前「そんなに期待してないけど、ま、一応」なんて侮っててホントにごめんなさい。

あとはお茶を買いたかったので一保堂本店へ。注文の仕方とか雰囲気とか、パリの紅茶専門店マリアージュ・フレールに雰囲気が似てる。併設された喫茶室でおいしい玉露の煎れ方を教えてもらいつつ一休みしてきました。

一保堂茶舗
http://www.ippodo-tea.co.jp/

2011/07/18

長時間フライトに…機内で観た映画

基本的に長時間の飛行中はできるかぎり眠るように努力する(到着後すぐに仕事の場合は酔い止め薬やサプリを飲んででも無理やり寝る)のですが、この日はどう頑張ってもさっぱり眠れず、寝不足時差ボケで日本に着いたところで急ぎの用があるわけでもなかったので、諦めてほとんど起きていました。

そういうときはだいたい読書か座席スクリーンで映画。以下が今回の鑑賞作です。覚え書きメモ程度でいちいち感想書くほどでもないですが、IMDb及び公式ホームページのリンクなど貼っておきます(2番目のは公開時にあからさまな原題に驚いたけど邦題もすごいなぁ…);


http://www.imdb.fr/title/tt0947798/combined

http://www.imdb.fr/title/tt1411238/combined

http://www.imdb.fr/title/tt0449059/combined

http://www.sp-movie.com/yabo/index.html


エールフランス便だったので日系の航空会社と比べると邦画が少なめ(にしては『SP 野望編』が英語字幕付きで入ってたのにちょっとびっくり。あとは大体原語音声+フランス語or日本語字幕)でしたが、公開中に忙しくて映画館に行きそびれた『ブラックスワン』おおよそのストーリーは把握してたものの最初から最後まで観る機会がなかった『リトル・ミス・サンシャイン』あたりが消化できて満足。

ところで、実はもう一本観た筈なのですが…思い出せない。なんだったっけ?忘れてしまった事実を裏付けるかのごとく、到着直前になって猛烈な眠気に襲われたことはハッキリ覚えています。


2011/07/12

Midnight in Paris

Midnight in Paris (2011)
- Written and directed by Woody Allen
- Premiered in competition at the 64th Cannes Film Festival
- Starring Owen Wilson, Rachel McAdams & Kathy Bates

Nouveau film de W.Allen "Minuit à Paris"... j'ai vu en V.O. avec sous-titres en Espagnol (déjà, pas mal compliqué). Parmi les oeuvres que je connais chez lui comme Annie Hall, Match Point, Scoop, ... je dirai que c'était un des meilleurs pour moi.

###

ウッディ・アレン監督の新作『ミッドナイト・イン・パリ』
吹替なし(英語)スペイン語字幕付きというなかなか過酷な言語環境下でも、かなり楽しんで鑑賞できました。話が逸れますが、英語の方がマシな筈なのに、耳で理解できないとスペイン語字幕を咄嗟に見て欠けた情報を補完する(もしくは補ったつもりになってるだけ?)不思議な現象が脳内で起きてました。いや、でも絶対もいちどフランス語か日本語で観直そう。。

これがねー、おもしろかったんですよ。ホントに。『アニー・ホール (1977)』『マッチポイント (2005)』『タロットカード殺人事件 (2006)』あたりを観てもあまりピンと来なかったのが、もうかなり最初の方から笑いが止まらない状態でした。おもしろおかしいだけじゃなく、大勢出てくる登場人物たちの描かれ方が素晴らしく、ちょっとその時代のことに興味のある人にはたまらない設定。
いまパッと調べたところでは情報引っ掛からなかったのですが、日本での公開予定はないのかな?


Web IMDb (English)
http://www.imdb.com/title/tt1605783/

2011/07/10

Concert Grup MixTour @Valencia

Here is an article on the spanish newspaper Levante, about the concert Grup Mixtour on July 8.


Voici un article sur le journal espagnol Levante, à propos du concert de Grup MixTour au 8 juillet.



--- (but sorry, only in Spanish !!)


http://www.levante-emv.com/club-diario/2011/07/13/nacimiento-nuevo-ensemble/823816.html


--- (Désolée encore, seulement en espagnol !!)


###


前回記事にしたアンサンブル『Grup MixTour』の二夜連続演奏会の7月8日の方、新聞で大きく取り上げられていました(上のリンクからどうぞ…ってまたスペイン語オンリーですみません。私自身も全文はわかってません)。

『ちょっとだけお手伝いの予定』とか暢気なこと書いてましたが、さすが行き当たりバッタリ無計画なラテン気質…もとい、非常に柔軟で臨機応変な彼らですから現場はなかなか大変なことになっていて、主に音響の面では自分の演奏会以上かというくらい働いてきました。

でも確かな実力に加えて、おもしろいことやろう!という勢いやエネルギーに溢れていて、一緒に行動しててとにかく楽しかったし、演奏会は大盛況。今後の活躍が楽しみです。



Site internet : Grup MixTour

Grup MixTour 公式サイト

http://grupmixtour.wordpress.com/

2011/07/01

Grup MixTour + 1/2 vacances


I'll be in Valencia from 4 to 11 July to see my family in Spain, and to attend two concerts of the Grup MixTour.

Je serai à Valence du 4 au 11 Juillet, pour voir ma famille en Espagne, puis pour assister à 2 concerts d'un nouvel ensemble - Grup MixTour.


--- (Sorry, only in Spanish !!)

Liszt Tour Aniversario
Franz Liszt ha sido uno de los compositores más influyentes en la evolución del lenguaje y expresión musical en el siglo XIX, con su consecuente repercusión en la música del siglo XX. Este año 2011 se celebra el 200 aniversario su nacimiento y nuestra propuesta de programa es la de combinar música de F. Liszt con música de nuestro  tiempo.
Grup MixTour ha realizado el encargo de reelaboraciones de piezas del repertorio pianístico de F. Liszt, reescritas para ensemble por tres destacados jóvenes compositores del panorama musical actual, Carlo Ciceri (Italia), Heera Kim (Korea), Adrián Borredà (España).
El concierto  “Liszt Tour Aniversario” presenta música original de F. Liszt para piano, reelaboraciones escritas para Grup MixTour del repertorio pianístico de F. Liszt  y piezas originales escritas en los últimos años por estos tres compositores. Queremos mostrar así, por una parte, la fuerza y la vigencia del lenguaje lisztiano, y por otra su relación con la música de hoy a través de dichas reelaboraciones. Ciceri, Kim y Borredà muestran su lenguaje propio a través de las piezas de F. Liszt y ofrecen al público la oportunidad de conocer mejor sus ideas musicales al ponerlas en relación con sus respectivas piezas originales.


Viernes 8 de Julio, 20h
Club Diario Levante C/Traginers, 7. Polígono Vara de Quart, Valencia

Sábado 9 de Julio, 22:30h
Pabellón Municipal de Godella  Campolivar, Av. de las Acacias, 14. Godella (Valencia)


< Programa >
H. Kim – Pan (Ensemble) 8′
F.Liszt/Kim – Schlaflos! Frage und Antwort (reelaboración) H. Kim)  4′
F. Liszt – Schlaflos! Frage und Antwort (piano/original) 4′
F. Liszt/Rus Broseta – Csárdas Obstiné (reelaboración)  4′
A. Borredà – Hombre que mira a las estrellas (ensemble y electrónica) 13′
Intermedio
F.Liszt – Nuages gris (piano/original) 3’
F. Liszt – Nuages gris (reelaboración Carlo Ciceri) 3’
C. Ciceri – Verticale II (ensemble) 10’
F. Liszt/A. Borredà – Totentanz (piano solista y ensemble) 15’
Solista Jorge Giménez Pérez (Totentanz)


--- (Désolée, seulement en espagnol !!)

###

4〜11日は半分バカンス(スペインの家族に会う)・半分仕事でヴァレンシア滞在。先月マドリードで立ち上げコンサートを行ったばかりの新しいアンサンブル『Grup MixTour』の二夜連続演奏会。私は直接メンバーとして関わっているわけではないのですが、電子音楽方面でちょっとだけお手伝いの予定。

暑さにはかなり弱い自覚があるくせにこの時期のスペイン行きって飛んで火に入るナントカ…(すでに汗が;)あー、でも去年の今頃はフランス・ドイツ・スイスにいたけど結局同じように『暑い暑い』言ってますね自分。進歩ないな。。 → 2010年7月アーカイブ記事
というわけで、よし、覚悟して行ってきます!


Site internet : Grup MixTour
Grup MixTour 公式サイト
http://grupmixtour.wordpress.com/