2011/06/18

Stockhausen final 1@Ircam - Festival Agora

Stockhausen final 1

Le samedi 18 Juin, 19h-

Centre Pompidou, Grande Salle

75004 Paris


K. Stockhausen : Klang, 6. Stunde- Schönheit

H. Lachenmann : Mouvement (- vor der Erstarrung)

E. Maestri : Celestografia, musica musicans


Un de mes collègues du Cursus à l'Irma, Eric Maestri a présenté sa nouvelle pièce "Celestografia" à la Grande salle du Centre Pompidou, avec "Klang, 6" de Stockhausen et "Mouvement" de Lachenmann.


###


本日アゴラ音楽祭の最終日。

昨年度、イルカムで一緒に研究員をしていたイタリア人作曲家 Eric Maestri の新作があったので聴きにいってきました。振り返ってみると期間中はひたすらコンピュータに向き合い、ちょっと離れたら楽譜に向き合い、同期のみんなとはほぼ毎日顔を合わせていたのにじっくり音楽を聴いたり聴かせたりってことがほとんどなかったのを思い出します。その当時の僅かな記憶から『ああ、たぶんこういうのが好きなのかな』と予想していた感じと遠くない作品だったので、なんとなく安心しました(…って、別に意表をつかれても構わないんだけど)。

あとの2曲はどちらも大御所。ラッヘンマンの演奏(Ensemble musikFabrik, Direction Enno Poppe)が秀逸でした。



Site internet : Festival Agora - Stockhausen final 1

Festival Agora - Stockhausen final 1 公式サイト

http://agora.ircam.fr/ago2011_jourparjour.html?event=990


2011/06/10

LUNA PARK @Ircam - Festival Agora

LUNA PARK
Du mercredi 8 au vendredi 10 Juin, 20h-
Ircam - Espace de projection

Georges Aperghis : Luna Park
commande de l'Ircam-Centre Pompidou et du Festicval international de musique contemporaine Automne de Varsovie, création

###

前回の記事に続いて、同じくフェスティバル・アゴラ 2011 の催しの一つ。
G.アペルギスの新作オペラ『ルナ・パーク』最終日に行ってきました。
作曲者本人にとってオペラというカテゴリーにはいろいろ思い入れがあるようで、下手なことを書くと多方面で地雷踏みそうなので省きますが(突っ込んで知りたい方は公式サイトから当日配っていた仏語プログラムがダウンロードできるはずですのでどうぞ)今回は映像のアイデアと音楽との相性が素晴らしくよかったです。
毎回思うけど、アペルギス作品は演奏者が本当に大変だ…もうそれ音楽家の仕事の範疇超えてますよね?って意味で。

Site internet : Festival Agora - Luna Park
Festival Agora - Luna Park 公式サイト
http://agora.ircam.fr/ago2011_jourparjour.html?event=987

2011/06/09

Les temps tiraillés @Nef au Grand Palais - Festival Agora

Les temps tiraillés

Le jeudi 9 Juin, 18h30-

Nef du Grand Palais

Porte principale - Av Winston Churchill 75008 Paris


Myriam Gourfink, Chorégraphie

Georg Friedrich Haas, Musique

Robin Meier, RIM

Pascal Gallois, Garth Knox, Geneviève Strosser, Musique enregistrée

Kova, Costume

Association LOLDANSE



Les Temps tiraillés, par Myriam Gourfink (Chorégraphie) et Georg Friedrich Haas (Musique) dans le cadre du Festival Agora .

J'avais déjà vu quelques oeuvres de M.Gourfink sur Youtube, et m'étais intéressées.

Le spectacle s'est déroulé dans une sorte de ballon énorme, "Leviathan" d'Anish Kapoor - MOMUMENTA 2011, Nef au Grand Palais.


###


8日からポンピドゥーセンター Ircam 主催のフェスティバル・アゴラ 2011 が始まりました。

最初に行ったのはグランパレの展示“MOMUMENTA 2011”との共催でLes temps tiraillés(日本語訳すると…『引き裂かれた時間』あたり?)Myriam Gourfink という振付家とGeorg Friedrich Haas の音楽によるスペクタクルです。

恐らくMOMUMENTA公式サイトにある写真を見ていただくのがいちばん手っ取り早いと思いますが、とにかく巨大なオブジェがグランパレ内にどーんとあり、その真ん中に正方形の舞台を設置、お客さんは舞台周辺を自由に出入り(椅子も何も無し)。最初『こんなドライブスルーみたいなのでいいの?!』と危惧したものの、実際始まってみるとお子様数名以外はじっと集中して舞台に魅入っており、スピーカーからの音楽も問題なく届きました。トータルの長さが30分強で緊張感に切れ目がなかったことも、途中で意識を散らさない助けになったかも。個人的には『もう少し観ていたいな』という感想を持ちましたが。



Site internet : Exposition Momumenta 2011 - Anish Kapoor

Momumenta 2011 - Anish Kapoor 公式サイト

http://www.monumenta.com/

2011/06/04

Rain - Anne Teresa De Keersmaeker @Palais Garnier

Anne Teresa De Keersmaeker : Rain
Ballet de l'Opéra National de Paris - Entrée au répertoire

Steve Reich, musique "Music For 18 Musicians"
Anne Teresa De Keersmaeker, Chorégraphie
Jan Versweyveld, Décor et lumières
Dries Van Noten, Costumes

Ensemble Ictus et Synergy Vocals
Georges-Elie Octors, Direction musicale

---
Créé en 2001 pour la compagnie Rosas, Rain entre à présent au répertoire du Ballet de l’Opéra de Paris et peut déjà être considéré comme une des œuvres majeures d’Anne Teresa De Keersmaeker. La chorégraphe flamande invite les danseurs à tisser une relation étroite avec la musique. La gestuelle organique s’ancre dans la partition minimaliste de Steve Reich, Music for 18 Musicians, interprétée par l’Ensemble Ictus. Une pièce forte et épurée, d’une grande sensibilité, qui permet de découvrir une figure essentielle de la danse contemporaine.
( Extrait du site internet de l'Opéra National de Paris )



かれこれ6年ほど前になりますが、“週末1〜2泊で往復できるヨーロッパ内の都市ぶらっと一人旅”にはまっていた時期がありまして、辞書みたいに分厚い『地球の歩き方ヨーロッパ版』を行き先の国のページだけ切り取って、荷物はできるだけコンパクトにして身軽に気ままにあちこち出かけてました。ちょうどフランス生活に慣れてきて、言葉の通じない外国に居るという感覚が無くなってきた頃だったので、嬉しい反面物足りなかったのかもしれません(最近は『また新たに別の国の言葉…』とすっかり億劫に感じますが)。

1泊2日ベルギー旅行を敢行したのもその頃でした。
旅行シーズンを外す=劇場・音楽会シーズン真っただ中。なんだかやたら寒い時期でほとんどツーリストなんか居ないので、交通費も宿泊費もきっちり抑えてその分、ブリュッセルを拠点に活動するコンテンポラリーダンス『Rosas』を観に行ったのです。
当時の思い出のプログラムと同じ、振付家 Anne Teresa De Keersmaeker の作品『Rain』がパリオペラ座バレエ団で上演されることになり、さらに演奏のアンサンブル Ictus に知人が所属していたこともあって、ひさしぶりにガルニエ宮へ。

美しく、毒が少なめで、観ていて浄化されるような気持ちになります。
目が離せないストーリー性はないし、がつんと心を鷲掴みされるような衝撃もないけれど、調和があってバランスが抜群。

逆に、毒と言えば麻薬のようなS.ライヒの反復音楽。限られた素材がひたすら繰り返されること1時間。この生演奏って唯事じゃないですよ…さすが Ictus (しかも知人というのは打楽器奏者)。
そういえば Ircam 研究員の課程でこんなことやりましたっけ。今度親友のピアニスト・石井佑輔氏が挑戦するようなこと言ってました。うわあ、がんばって。


『Rosas』ウェブサイト
http://www.rosas.be/