2011/10/25

M.Satrapi : Chicken with Plums



Une coupure d'eau pendant toute la matinée à cause des travaux. Une solution simple qui me vient - je vais sortir. Pourquoi pas?

Pour bien profiter cette situation inhabituelle, je suis allée au cinéma : ça tombait bien à la sortie nationale de Poulet aux prunes de Marjane Satrapi, auteur de bande dessinée / réalisatrice d'origine iranienne.


Téhéran, 1958. Depuis que son violon tant aimé a été brisé, Nasser Ali Khan, un des plus célèbres musiciens de son époque, a perdu le goût de vivre. Ne trouvant aucun instrument digne de le remplacer, il décide de se mettre au lit et d'attendre la mort.
Par les auteurs de Persepolis.


More info of Poulet aux prunes on the IMDb :
http://www.imdb.com/title/tt1663321/


###


地区の工事で午前8時〜12時のあいだ水道使用不可。家に居て『あー、水でないんだよね…』といちいち気にするのもどうかと思い、朝から外出。本日封切りの映画を一番乗りで観てきました。

話題になってたけど見逃したままの『ペルセポリス』と同じイラン人イラストレーター・漫画家 マルジャン・サトラピ の作品を映画化したもの(本人が共同監督として参加)で、原作は2005年アングレーム国際漫画際で最高賞を受賞。Wikiでタイトルの和訳が『鶏のプラム煮』と書かれていて、そう、そうなんだけど!と思わずパソコンに向かってツッコんでしまった。昔の洋楽によくあった無関係な邦題もどうかと思うけど、ここまでストレートなのもまた…(笑)日本人の味覚ではちょっと理解し難い組み合わせの料理だから余計に、なのかもしれません(鴨のオレンジソース、とかも初めて聞いたときは一応ビックリしたし)。

最初しばらく、悲劇なのかコメディなのか、内容を摑みかねて少々戸惑いましたが、開始から30〜40分経ったあたりで、映画館に居ることも忘れて爆笑するほどコメディ寄りに振り切れたシーンがあり、そこからは笑える部分も泣ける部分も存分に楽しめました。

0 件のコメント: