2011/09/25

Retour ようやく帰宅


La création d'hier s'est très très bien passée. Merci infiniment aux musiciennes, aux profs, aux collègues, à la Fondation Royaumont, aux amis qui sont venus l'écouter, à ma famille, à vous et à toi.



The Catcher in the Rye... no, in the Cornfield


...et enfin, voilà je suis de retour ! En juillet-août-septembre, c'était à peu près 1semaine/mois au max. que je pouvais rester à la maison, sinon tout le temps en voyage. Je l'aime bien et ça me gêne pas les déplacements de long-distance, mais quand même c'était un peu fatiguant.

Les prochains projets seront une pièce pour ensemble instrumental, une pour duo Pno-Sax, et... on va voir.

###

昨日の初演、素晴らしい演奏でした!アンサンブル Recherche、 Les Cris de Paris、財団関係者各位、講師の先生方、研修生、遠い所はるばる聴きに来てくれた友人たち、家族、皆様に心より感謝申し上げます。

今回、提出前は多少バタバタしたけれど(それはもうお約束、ということで。苦笑)比較的時間をかけてじっくり作ることができた作品で、自分なりに挑戦した部分有り→それだけ不安も有り→当然反省点有り→でも大きなリターン有り、と、振り返ってみれば非常によい経験でした。

…なんて綺麗にまとめてないで、さっさと頭切り替えて次の仕事に取りかからないと!
ロワイヨモン滞在中は作曲以外何もしなくてよかったから膨大に時間があったし、ジョギング中に鹿と遭遇するような(ウサギとリスはもうその辺に居るのが普通)田舎で街の喧噪に惑わされることもなかったし、それはそれは集中できる環境。
でも、そういう所謂“恵まれた生活”を長い期間続けられるかと問われたら、私の答えはNoです。3週間くらいならウェルカムだけど、1年続けたら間違いなく脳の一部がオーバーヒートする。。。

あと余談ですが、講義や研修生のプレゼン及び普段の会話の3分の1くらいが英語メインだったので、なんとなく自分も『英語できる人』になったような気がしてましたが、やっぱり気のせいだったみたいですねー。あはは、残念。

0 件のコメント: