2011/05/29

Diffusion & Interview : "Voiceless Letters" by RSR-Espace2

"Voiceless Letters Concerto for tenor saxophone, ensemble & live-electronic"
au Festival Archipel 2011 a été diffusé à la Radio Suisse Romande - Espace2 dans une émission qui s'appelait "Musique d'avenir" au 29 mai. Voici le programme complet, et vous pouvez aussi écouter l'émission en ligne (à partir de 01:57:30) :

http://www.rsr.ch/#/espace-2/programmes/musique-d-avenir/?date=29-05-2011

Juste après la générale, en fait il y a eu un interview avec Anne Gillot, et cela a été bien mis aussi dans l'emission. Comme je ne suis pas trop habituée à parler au public, c'est quelque chose qui me fait pression chaque fois quand ça m'arrive...
Sinon, l'interprétation en soi (y compris la prise de son) a été géniale. Merci encore aux musiciens et à l'équipe !!

###

3月25日にジュネーヴのアルシペル音楽祭で演奏された
"テナーサックス、アンサンブルとライブエレクトロニクスのための Voiceless Letters(協奏曲版)"
のコンサート録音がラジオ・スイスロマンドの音楽専門チャンネル Espace2 で放送されました。以下のリンクにプログラム詳細、こちらでオンライン試聴もできます(スピーカーマークのボタン“Ecouter”をクリック、右上のプレーヤーで操作。01:57:30から始まります);

http://www.rsr.ch/#/espace-2/programmes/musique-d-avenir/?date=29-05-2011

件のインタビューもほぼノーカットで電波に乗せていただきまして、穴があったら入るだけじゃ足りなくてもうそのまま埋めたいくらいでした。客観的に聞いてた人からは『普通に喋ってるし内容もわかる』と言われましたが、それは本人には無理な話。たぶん『仏語で話さなきゃいけないから』じゃなく、日本語だろうが英語だろうが同じなんだと思います。インタビュアーのAnne(顔見知り程度に知り合い)が話を引き出すのがとても上手で、曲がった解釈も変化球もないと信頼できる相手だったから今回はまだよい方。
演奏自体は録音の状態も含め納得のいくもので、ライブエレクトロニクスの操作のため客席のしかるべき場所で本番を聴いていない自分にとっては漸く“客観的に”受け止められる機会がやってきた、とでも言いますか。

演奏者及び関係者のみなさまに改めて感謝の気持ちを込めて。今後も精進して参ります。

0 件のコメント: