2009/06/06

電子音響アシスタント / iPerc開発



2009/06/06 16h30-
Uni-Mail Auditorium de percussion

Marc GARCIA VITORIA : Una Cortina de fum

Ensemble contemporain
Jean-Jacques Balet, direction

Régie informatique : Y.YOKOI, M.GARCIA VITORIA, E.DAUBRESSE
Régie son : T.SIMONOT
Technique : S.ALBERT
Enregistrement : J.KERAUDREN

**********

昨年度の.のように、また電子音響アシスタントを担当しました。唯一の同級生(作曲学科修士課程は自分を含めて2名しかいません)であるMルクの作品です。

この曲では3人のソリスト(ハープ、サックス、トロンボーン)の音源におけるリアルタイム音響処理に加え、現在開発中の電子楽器『iPercussion』使用。どんな楽器かというと


こんな楽器です。
とにかくいろんなことができます。
詳しくはこちら(英語)
http://www.future-instruments.net/fr/ipercussion.html



***Data***

future-instruments.net



おまけ。


リハーサルで缶詰になってたときに作っていったそぼろ弁当(同じ具材でおにぎりバージョンも)。
なかなか好評でした(^ ^

0 件のコメント: