2009/02/28

Badura-Skoda リサイタル

2009/02/28 19:00-
Conservatoire de Musique de Genève, Grande Salle

Paul Badura-Skoda, piano

Joseph Haydn :
Variations en fa mineur, Hob XVII6
Sonate en do mineur, Hob XVI20
Sonate en La bémol Majeur, Hob XVI46
Variations sur l'hymne de l'Empereur "Gott erhalte", Hob III77
Sonate en Mi bémol Majeur, Hob XVI52

**********

デームス、グルダとともに“ウィーンの三羽烏”と呼ばれていたピアニスト、パウル・バドゥラ=スコダ。今回とあるピアノコンクールの審査委員長としてジュネーヴ音楽院を訪れていて、マスタークラスや無料コンサートが行われました。
名前は知っていたけど生演奏聴くのは初めて。そしてクラシックの演奏会って考えてみたらひさしぶり(現代音楽や初演はよく聴いてるんですけどね)で、オールハイドンプログラム。
開演前、ちらっと略歴に目を通したら『えっ、バドゥラ=スコダって1927年生まれ?!』いま2009年だから…82歳!とびっくりしていたところ、ステージに現れたのは背筋がすっと伸びた上品で笑顔がチャーミングな紳士。作品を隅々まで知りつくし、まるで自分のサロンに大切な友達を招いているかのようなあたたかい演奏でした。


あと、ちょっと専門的な話ですが、Hob XVI52 変ホ長調のソナタって各楽章の調設定がものすごく大胆ですね。この時代にこういうことするかなぁ…。
長く残り、愛され続ける音楽・作曲家の底力が垣間見えた瞬間でした。



***Data***

パウル・バドゥラ=スコダ Webサイト

0 件のコメント: