2009/01/09

ドライヤー



同居人たち(注:アパートタイプの学生寮に住んでます)が次々にクリスマス休暇から戻ってきて、がらーんとしてた住まいに活気が感じられます。
写真はその同居人のひとり、イタリア人のIラリアちゃんのおみやげチョコレート。(夜中にジュネーヴへ到着したらしく、翌朝起きたら『あけましておめでとう!』メッセージとともに部屋のドアにぺたっと貼られてました)


さて、休みモードを抜けて、さー仕事するぞーと気合いを入れた新年早々、ドライヤーが故障。
急に『ぎぃうぅぅ…』と変な音がして、中をのぞくと電熱線みたいな部分が真っ赤になってて、それから微妙に焦げ臭い匂いがして、ぱったりと動かなくなりました。えー!?あっけない最期でした。合掌。
もともと高価なものでもなかったし、これはもうダメなんだろうと思いつつ、でも1年も使ってなかったので一応電気屋さんへ持っていってみると、同じ型のはもう扱っていない&修理はできないとのこと。
ところが、保証期間がまだ1ヶ月残っていて『同じ値段のものか、違っても差額を足して戴ければ交換できますよ』と(←実際はこんなに丁寧な口調じゃなかったけど)言われ、売り場へ。
フツーに髪全体を乾かす機能だけで充分、旅行用みたいな小さいのがよかったのですが手頃なものがなく、なるべく以前のと値段の近いものを探した結果が、こちら:




左から
1. 全体用(+本体)
2. ストレート用コテ
3. 細かいウェーブ用コテ
4. カール(大)
5. カール(小)
6. カール(中)

だそうです。
こんなに要らない。。。

0 件のコメント: