2008/04/22

Kylian / Makuloluwe

2008/04/22 20h00-
BFM Salle Théodore Turrettini (Genève)
Ballet du Grand Théâtre de Genève
-J.Kylian : sechs tanze
-J.Kylian : black bird
-I.Makuloluwe : no place like home
プログラム詳細


ジュネーヴ劇場バレエ団の公演を観てきました。
何度もあちこちで言ってるのでご存知の方多いかと思いますが(しつこかったらごめんなさい)コンテンポラリーダンス大好きなんです。もし生まれ変わったら、再び音楽家か、体型に恵まれればダンサーを志したいと密かに夢見ております(ちょっと本気)。

今回は中でもいちばんのお気に入りであるオランダの振付家キリアン Jiri Kylian の作品が!しかも2作も!!
素晴らしかったです。ホームグラウンドであるNDT (Nederlands Dnas Theater) の公演にこそ及ばないものの、息止めて舞台に見入ってしまいました。
氏の美的感覚、振付だけでなく舞台全体に渡る演出、光の捉え方、そして絶妙なユーモアのバランスは抜群。そして音楽をものすごくよく聴いている人だと思います。どの作品を観ても音楽が決してBGMになっていない。

"sechs tanze" は写真のDVD収録作品 "Birthday" と同じベースで作られたようで、これ本当に傑作です。こんなに笑ったのひさしぶりってくらい笑いました。息止めて見入るようなシリアスな作品に混じってこういうのが同じ人物から生み出されるというのがすでに奇跡。


ところで Kylian の話ばかりですが、プログラムの最後にある Makuloluwe の舞台は…すみません退屈しました。詳しいコメント控えます。知り合いに「君が大大大好きなキリアンと比べたらダメだよ」と説教されましたが、こればっかりは仕方ないので。。



***Data***
Grand Théâtre de Genéve ジュネーヴ劇場ホームページ

2008/04/13

Festival Archipel

4月4〜13日はジュネーヴ現代音楽祭『フェスティバル・アルシペル』でした。
毎年開かれているのですが、去年の今頃はまだパリに住んでいてしかも超多忙な時期だったのでほとんど聴きに行けず、何をやっていたのか全く記憶が…(焦)
今年は2007年に亡くなったばかりのドイツの作曲家シュトックハウゼン K-H.Stockhausen (1928-2007) と反復音楽作品で知られているアメリカ人ライリー T.Riley などが主にテーマ作曲家として取り上げられていました。
興味を引くものが多く、ほぼ毎日何か聴きに行っていた一週間。



4日(金)20時- Palladium
Vies silencieuses cycle pour ensemble et peinture au sable (2006)
フランス人作曲家コンビエ J.Combier (1971-) と砂を使った即興アート、ティエリー R.Thierry (1975-) によるコラボレーション
演奏:Ensemble Contrechamps

7日(月)20時- Palladium
Spiral pour instruments et ondes courte
シュトックハウゼン『楽器と短波のための』作品。大阪万博で作った球形パビリオンで発表。演奏者が楽器(もしくは声)とともに短波=ラジオも演奏します。

8日(火)20時- Grütli
Flash-back
D.Ghisi, E.Bongcam, D.Bravi, P.Alessandrini, N,Mihaylov, A.Corralesら、若手作曲家(24〜38歳)の作品。うち3人が友達でした。というか、この世界そんなに広くもないので、こういう場に来るとだんだん”知り合い率”が上がってきてる気が。。
演奏:Ensemble Vortex

9日(水)10時- Alhambra
K-H.Stockhausen ; Mikrophonie I
音楽院のエンジニアの先生が授業の一環としてリハーサルに連れて行ってくれました。7日と同じシュトックハウゼンの、巨大なドラをどーんとステージ中央にすえ、2人のパーカッショニスト・2人のマイクロフォニスト(マイクを近づけたり遠ざけたりして音波をキャッチする人)・2人のトランスフォーメイショニスト(マイクで収集された音波を機械を通して変調させ、スピーカーから流す人)のために書かれた作品。これ以上どう説明したらよいかわからないので、写真*から想像してください。
演奏 : Ensemble Linea

10日(木)20時- Alhambra
K-H.Stockhausen ; Stimmung
これは声のために書かれた作品です。作曲家の底知れぬ想像力・創造力にただただ『…』。

11日(金)20時- Palladium
La musique, la danse et les 4 continents
若手作曲家と振付家3組による国境、大陸を越えたコラボレーション。



以上です。
来年はどんなのかな?といまから楽しみ!
…でも正直、連日の音楽会続きはちょっとくたびれました。。



***Data***
http://www.archipel.org/

2008/04/08

春よ来い♪

3月の最終日曜からサマータイムになりまして(今回はちゃんと覚えてた!)穏やかな日差しとともに少しずつ春が…
Au dernier dimanche du mois de mars, on a passé à l'heure d'été (cette fois je ne l'ai pas oublié!)
Petit à petit, le printemps arrive...





やって来るかと思ったら大間違い。
ジュネーヴ雪降りました。
Mais non, ici à Genève, il neige. c'est pas vrai!!

2008/04/04

BIRTHDAY

4月に入ってすぐの慌ただしい時期に生まれた私。
子供の頃、年度が変わって新しい学校・クラスになってまだ自己紹介もしないうちに誕生日が過ぎてしまうのが嫌でした。いまは別にどうってことないですが。それにヨーロッパの新年度といえば9月か10月スタートだし(笑)。
いくつになっても、歳を重ねることをうれしく思えるような生き方をしたいと常日頃思います。

というわけで、もう結構いい歳になったのですけど、あいかわらずお祝いしてもらって大よろこび。メッセージくださった方々、ありがとうございました!

さて、日本に住む親友から送られてきた誕生日プレゼントがあまりにツボにハマったのでご紹介します。彼女は毎年テーマを決めて他の人が思いつかないようなオリジナルなものを考えてくれるのですが、今年は…




EMS(国際スピード郵便)で届いた箱を開けると、中身は
『糠床』
ちゃんと『補充用ぬか』も一緒に。そしてこれ、売られている状態のままの丈夫なビニールパックにそのまま野菜を漬け込めばよいという優れモノ。早速きゅうりで試してみたところ、大成功!(その後にんじん、蕪、茄子などにも挑戦中)
ジュネーヴ大学都市寮内で糠漬けやってるのって恐らく私しかいないでしょう。ところで同居人に訊かれたらなんて説明すればいいんだろう…?
もうひとつ、インターネットで見てその存在は知っていた『無限プチプチ』。空前のヒット作だそうですね。




ステキー!!