2008/10/20

日本滞在@松本













今回の帰国の目的はコンクール。スイスは(もちろん日本も)通常授業期間中でそうそうのんびりするわけにもいかなかったのですが、それでも普段よりちょっとのんびりしました。

というわけで、ひさびさ(数えてみたら5、6年ぶり)に小学校3年〜高校卒業までを過ごした長野県松本市を訪れることに。
まず到着してすぐ、驚いたのが駅。自動改札になってる!(でもSuicaは使えない。笑)駅ビルもすっかりリニューアル。
ただ、ちょっと駅から離れると、住んでいた頃の雰囲気がそのまま残っていました。街を歩いていると、顔を覚えていた薬局のおじさんがひょいっとお店から出てきたり、子供の頃にかよっていた書道教室の看板がちゃんと点灯していたり…懐かしいというより、タイムスリップしてしまったような不思議な気持ちでした。

写真はサイトウキネンフェスティバルのメイン会場のひとつでもある『まつもと市民芸術館』。私が高校生の頃、吹奏楽部の定期演奏会はここ(改装前、当時は『市民会館』)だったのですが、いまやあのレトロな赤いビニール張りの座席なんて跡形もなく、立派になったねぇ。。
ちなみに道路を挟んでほぼ向かい側は草間彌生のインスタレーションがどーんと置かれた松本市美術館です。残念ながら休館日だったので中は見てません。次の機会にぜひ。



***Data***

まつもと市民芸術館
http://www.mpac.jp/

松本市美術館
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/artmuse/index.html

0 件のコメント: