2008/09/04

Hilary HAHN / OSR

2008/09/04 20:00-
Victoria Hall

Orchestre de la Suisse Romande
Gilbert Varga, direction
Hilary Hahn, violon

L.Spohr : Concerto pour violon N° 8 en la mineur op. 47
L.v.Beethoven : Symphonie N° 8 en fa majeur op. 93
P.I.Tchaïkovski : Concerto pour violon en ré majeur op. 35



若手演奏家として名を馳せているヒラリー・ハーン、OSR(スイスロマンド交響楽団)とコンチェルト。
生で聴くのは初めてですが、とってもやわらかい音色。ふわふわした綿みたいな感じというよりは、もっとちゃんと掴めるやわらかさ、みたいな…(何の話をしているんでしょうか私)。前半シュポーアはいまいち乗り切れてなくて、フレーズの途中で発音がごにょごにょと不明瞭な危うい箇所があったものの、チャイコフスキーでは思いっきり楽器が鳴ってました。オケとの呼吸も合っていたし。はー、いいもの聴いた。満足!

ソリスト目当てで行ったコンサートでしたが、ベートーヴェンの8番もよかった。ベートーヴェンて、いくら室内楽に秀作がたくさんあると言っても、やっぱりオーケストラ作曲家だと思う。うまいなぁ。なんでこんな素晴らしい曲を書けちゃうんだろう。

本日チャイコフスキーとベートーヴェンでは管楽器奏者たちが大活躍。クラリネットのソロが聴こえてきて、『ああ、いい音〜』とステージに目をやると、以前2回ほどお仕事をご一緒したことのある指揮者のブノワさんでした。そうか、この人の本業はOSRのクラリネット奏者だったっけ。



***Data***

Orchestre de la Suisse Romande(スイスロマンド交響楽団)公式サイト

HILARIY HAHN.com(ヒラリー・ハーン)
*写真だとツンとすましてる印象あるけどとっても可愛かったです、彼女。

0 件のコメント: